音声読み上げ

研究重点領域

当社グループは、精神神経領域、がん領域および再生・細胞医薬分野を研究重点領域として、自社研究に加え、技術導入、ベンチャー企業やアカデミアとの共同研究など、あらゆる方法で最先端の技術を取り入れて研究開発活動に取り組み、優れた医薬品の継続的な創製を目指しています。また、感染症領域への取り組みを通じたグローバルヘルスへの貢献、さらに、医薬品以外のヘルスケア領域において、社会課題の解決のための新たなソリューションを提供することを目的として、フロンティア事業の立ち上げを目指します。

大日本住友製薬の研究指向領域

精神神経領域

先端技術を取り入れながら築いた自社独自の創薬技術プラットフォームを基盤に競争力のある創薬研究を推進しています。また、自社製品の臨床試験の情報から得られた知見をトランスレーショナル研究に生かし、ゲノム情報やイメージング画像などのビッグデータから適切な創薬ターゲットやバイオマーカーを選定することで、研究開発の確度の向上を図っています。精神疾患領域(統合失調症、うつ、神経疾患周辺症状)においては、神経回路病態に基づく創薬により治療の最適化を目指しており、神経疾患領域(認知症、パーキンソン病、希少疾患)においては、分子病態メカニズムに基づく創薬により神経変性疾患の根治療法を目指します。
開発段階では、日米が一体となったグローバル臨床開発体制のもと、戦略的な開発計画を策定し、効率的に臨床開発を推進して、早期に承認取得することを目指しています。

がん領域

がん微小環境における細胞間ネットワークに着目した研究によりユニークなシーズやテーマに取り組み、革新的な新薬の創出を目指しています。さらに外部連携により、革新的技術に取り組み、ビッグデータやデジタル技術を活用した創薬開発を推進します。また、当社、北米子会社および外部機関の間でのネットワーク型創薬を推進し、研究と開発が一体となって、早期の臨床試験への移行を目指しています。
開発段階では、後期開発品の開発を着実に進めるとともに、初期臨床開発も積極的に取り組んでいます。

再生・細胞医薬分野

オープンイノベーションを基軸に、高度な工業化・生産技術と最先端サイエンスを追求する当社独自の成長モデルにより早期事業化を図っており、複数の研究開発プロジェクトを推進しています。神経領域および眼疾患領域中心のプロジェクトを着実に推進するとともに、立体臓器の再生も含めた次世代の再生医療の取り組みも視野に入れ、グローバル(日本・米国・アジア)での展開を目指し、まずは日米を中心に次期中期経営計画期間(2023~2027年度)からの収益貢献を目指します。

感染症領域

アカデミアなどとの共同研究により、薬剤耐性菌感染症治療薬ならびに当社ワクチンアジュバンドを基盤としたマラリアワクチンおよび万能インフルエンザワクチンの創薬研究を展開しています。現在の主なプロジェクトは以下のとおりです。

薬剤耐性(AMR)菌感染症治療薬の創製

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)のCiCLE(医療研究開発革新基盤創成事業)に採択された薬剤耐性(AMR:Antimicrobial Resistance)菌感染症治療薬の創薬研究を北里研究所と共同で推進しています。

ワクチンアジュバントの創製

当社の基盤技術である「新規合成TLR7アゴニストワクチンアジュバント」と外部機関の有望抗原を組み合わせることにより、ワクチンアジュバント添加ワクチンの創薬を推進しており、愛媛大学等とマラリアワクチンを、国立感染症研究所等と万能インフルエンザワクチンを進めています。

フロンティア事業

将来のヘルスケア領域のニーズに対応するため、自社医薬事業とシナジーが見込める領域を中心に、核となる技術(情報系、工学系等)やネットワーク(アライアンス、ベンチャー投資等)など事業基盤を構築します。現中期経営計画期間に事業化を図り、次期中期経営計画期間(2023~2027年度)に成長エンジンとして確立することを目指します。