音声読み上げ

創薬研究

創薬力向上のための技術強化や臨床開発段階における成功確度向上のための技術強化は、優れた医薬品の継続的な創出には欠くべからざるものです。
当社は、医薬品研究開発全般にわたり技術基盤と経験を保有していますが、研究初期段階では、ハイパフォーマンスコンピューターを活用したインシリコ創薬技術、iPS細胞等の最先端サイエンスを創薬や再生医療・細胞医薬に応用する取り組みを進めています。また、国内外の大学を含む研究機関等との研究提携も積極的に推進しています。さらに、国内の研究機関および研究者を対象に当社の創薬研究ニーズと合致するアイデアを募集する公募型オープンイノベーション活動「PRISM」を2015年度から実施しています。

インシリコ創薬技術

インシリコ創薬とは、計算科学によりコンピュータの中で薬を創ることで、当社ではファースト・イン・クラス創薬の核心となる研究に注力して取り組んでいます。具体的には、社内外における多種かつ大量の化学・生物・医療データを統合的に解析するインフォマティクス技術を用いて特定の疾患に効果的な薬剤標的あるいはメカニズムを探索する研究や、分子シミュレーションを駆使した標的蛋白質に対する薬物候補分子を創出する研究を中心に取り組んでいます。従来の仮説検証型の創薬研究から、データをありのままに取り扱うデータ駆動型の創薬研究への転換を積極的に推進しています。

創薬研究

iPS創薬技術

iPS細胞は、京都大学の山中伸弥教授らによって2006年に報告された新しいタイプの幹細胞で、皮膚や血液などから採取した細胞に特定の因子を導入することでつくることができます。iPS細胞は体を構成するさまざまな細胞に分化できる性質を持っており、再生医療や新薬の研究開発への応用が期待されています。
患者さんの体細胞から作製したiPS細胞を用いることで、病気によって起こる体内の変化を細胞培養条件下で再現することが可能です。また最近では、従来の方法よりもさらに体内の組織・臓器に近い構造をつくることができるオルガノイド法という立体培養技術も発展しています。このような研究が進むことで、病気の原因解明や効果的な治療薬の開発が加速すると期待されています。

創薬研究

当社では、さまざまな疾患の患者さん由来iPS細胞を用いた創薬研究を進めています。たとえば、京都大学iPS細胞研究所との共同研究で、筋肉の中に骨ができる難病である進行性骨化性線維異形成症(FOP)という疾患の患者さんのiPS細胞を用いてFOPの症状が出る原因を解明し、治療薬候補物質を見い出すことに成功しています。

公募型オープンイノベーション活動「PRISM」

国内の研究機関および研究者を対象に当社の創薬研究ニーズと合致するアイデアを募集する公募型オープンイノベーション活動「PRISM」を2015年度から実施しています。PRISMの詳細は、こちらをご覧ください。