ごあいさつ

野村 博大日本住友製薬株式会社
代表取締役社長 野村 博

このたび、代表取締役社長に就任した野村 博でございます。
大日本住友製薬が今後も持続的に成長していくことが私の達成すべき課題であり、そのために限られた資源をできるだけ有効に利用し、様々な力を集約し、これまでのいろいろな経験を生かすことでその課題解決に臨んでまいりたいと考えています。そして、ステークホルダーの皆さまが幸せを感じられる会社であり続けたいと考えています。

大日本住友製薬は、「人々の健康で豊かな生活のために、研究開発を基盤とした新たな価値の創造により、広く社会に貢献する」ことを企業理念としています。当社は、この理念を実現するため、また、日本はもちろん世界の方々に革新的で有用な医薬品をお届けするため、新薬の研究開発に全力を注いでいます。

当社は、イノベーションへの新たな挑戦を掲げ、戦略的に事業活動を推し進めるとともに、事業基盤の強化に努め、持続的な成長に向けて邁進してまいりました。今後も、精神神経領域、がん領域および再生・細胞医薬分野を研究重点領域として、自社研究に加え、技術導入、ベンチャー企業やアカデミアとの共同研究など、あらゆる方法で最先端の技術を取り入れて研究開発活動に取り組み、優れた医薬品の継続的な創製を目指します。さらに、デジタルヘルスケアなどの新たな事業分野(フロンティア領域)の探索を推進していきます。

また、コーポレートガバナンス体制の追求やコンプライアンスの徹底はもちろん、国内外での社会貢献活動、ダイバーシフィケーションの推進、多様なステークホルダーとの積極的なコミュニケーションといった幅広い取り組みを通じて、企業としての社会的責任も果たしてまいります。

これからも患者さんとそのご家族、医療関係者、株主、社員、地域社会などステークホルダーの皆さまの信頼にお応えできるよう、たゆまぬ努力を続けてまいります。

今後も、これまでと変わらぬ皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。