音声読み上げ

大日本住友製薬とは

人々の健康で豊かな生活につなげる
私たちの今日の挑戦

  • 企業
    理念
  • 経営理念
  • 行動宣言

理念

企業理念

人々の健康で豊かな生活のために、
研究開発を基盤とした新たな価値の創造により、
広く社会に貢献する

理念

経営理念

  • ● 顧客視点の経営と革新的な研究を旨とし、これからの医療と健やかな生活に貢献する
  • ● たゆまぬ事業の発展を通して企業価値を持続的に拡大し、株主の信頼に応える
  • ● 社員が自らの可能性と創造性を伸ばし、その能力を発揮することができる機会を提供していく
  • ● 企業市民として社会からの信用・信頼を堅持し、よりよい地球環境の実現に貢献する

理念

行動宣言

  1. 1. "Innovation today, healthier tomorrows" の実現に取り組みます世界の人々がより健やかに自分らしく過ごせるよう、つねに新たな変革を自らに課し、イノベーションの実現にスピードをもって挑みつづけます。
  2. 2. 誠実な企業活動を行います法令を遵守し、高い倫理観を持って透明かつ公正な企業活動を行います。市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体との関係遮断を徹底します。
  3. 3. 積極的な情報開示と適正な情報管理を行います社会に向けて適時適切、公正な情報開示を行います。
    企業活動を通じて得た個人情報や顧客情報を適正に保護・管理します。
  4. 4. 従業員の能力を活かします従業員の多様性・人格・個性を尊重します。
    安全で働きやすい職場環境を確保し、能力開発の機会を提供します。
  5. 5. 人権を尊重します全ての人々の人権を尊重して企業活動を行います。
    一切の差別や嫌がらせを排除し、強制労働や児童労働を認めません。
  6. 6. 地球環境問題に積極的に取り組みます地球環境問題への取り組みを人類共通の課題と認識し、企業の存在と活動に必須の要件として、積極的に行動します。
  7. 7. 社会との調和を図りますステークホルダーとの対話を重視し、社会貢献活動を推進します。
    各国・地域の文化や慣習を尊重し、企業活動を通じて地域社会の発展に寄与します。

理念

グローバルスローガン


従業員一人ひとりが、つねに自らの変革(=Innovation) を追求しながら、新たな発想や高い研究開発力により革新的な新薬を社会に届けることで、患者の皆さまとそのご家族が、より健やかに自分らしく(=healthier)過ごせる日々を実現したいという、私たちの強い意志が込められています。

強み

研究開発力

研究重点3領域における特徴ある研究開発力

  • 精神神経領域
  • がん領域
  • 再生・細胞
    医薬分野

当社は豊富なパイプライン、創薬力、先端技術・ノウハウ、サイエンスに関わる幅広いネットワークをもっています。
研究重点3領域に加えて、感染症領域にも取り組み、グローバルヘルスに貢献していきます。

詳細はこちらへ

強み

人材

個々の従業員の能力を生かす仕組みと優れた人材

専門性をもとに成果創出力の高い人材を活用するプロフェッショナル人事制度
専門性をもとに成果創出力を高めた人材の最大活用により、強い企業文化の構築につなげていくことを目的として、プロフェッショナル人事制度を設けています。
従来のキャリアパスであったプロフェッショナルマネージャー(PM)職に加え、専門性に根ざした個としての成果創出能力が高い社員をプロフェッショナルコントリビューター(PC)職として任用しています。幹部社員をはじめ、若手社員の意識改革を促進し、組織と個の両面で成果創出を図っています。そのPC職は約50名います。
研究開発力(技術・知能・ノウハウ)に優れた人材
個々の能力を高めるための全社的教育プログラムを実施し、プロフェッショナルな社員を育成しています。高度な専門性を有する研究開発人材については、若手社員を積極的にプロジェクトリーダーへ任用し、育成を図っています。
会社への満足度が高く、誠実で優秀な人材
7割を超える従業員が当社に働き甲斐を感じていることがすべての従業員を対象に実施している意識調査で分かりました。
さらなる人材強化を目指す取り組み
将来の経営者や幹部候補人材を養成するため、選抜型教育研修プログラム「DSP Academy」を運営し、能力ステージにあわせて経営リテラシ―の醸成や課題解決力・戦略形成能力の強化等を図っています。また、多様な人材の活躍の機会を平等に提供していくことが重要だと考え、ダイバーシティ&インクルージョンを推進していきます。

CSR 労働慣行へ

強み

基盤

日本・米国・中国は現地本社機能・販売機能・開発機能など強固な基盤を有しています

  • 日本

    精神神経領域に加えて、糖尿病領域、スペシャリティ領域に注力しています(売上収益:1,293億円、従業員数:3,067名)

  • 北米

    精神神経領域に加えて、呼吸器領域に注力しています(売上収益:2,525億円、従業員数:1,845名)

  • 中国

    精神神経領域に加えて、細菌感染症治療剤を主力製品として事業を展開しています(売上収益:247億円、従業員数:700名)

  • アジア

    シンガポールにおける子会社の機能強化を実施し、タイに現地法人設立

  • 欧州

    子会社およびパートナー企業との連携による販売活動を実施

  • 中南米およびオセアニア

    パートナー企業との連携

*売上収益は2018年度実績、従業員数は2019年3月31日現在

事業内容

事業内容

日本はもちろん世界の方々に革新的で有用な医薬品をお届けするため、新薬の研究開発に全力を注ぐとともに、顧客満足度の向上を目指して、医薬品の情報提供活動を行っています。

また、食品素材・化成品事業、動物用医薬品事業等を展開しています。

事業内容へ

目指す未来

ビジョン

変わりゆくヘルスケア領域での社会の課題を解決する企業として、2033年の「グローバル・スペシャライズド・プレーヤー」の地位確立を目指します。

中期経営計画2022(2018~2022年度)