音声読み上げ

IRニュース

2021年08月19日印刷はこちらから企業

欧州子会社の株式譲渡に関するお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)の米国連結子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・インク(以下「サノビオン社」)は、2021年8月17日付けで、同社の100%子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ・リミテッド(以下「SPE社」)の全株式をInflexion Private Equity Partners LLP(本社:英国 ロンドン、以下「Inflexion社」)の特別買収目的会社に譲渡する契約を締結し、同日付けで株式の譲渡が完了しましたので、お知らせします。

1.株式譲渡の理由
SPE社は欧州において、2014年より当社グループの中核製品である非定型抗精神病薬「ラツーダ」を販売していますが、現在の事業環境および今後の事業展開等を総合的に検討した結果、当社グループが保有するSPE社の全株式をInflexion社に譲渡することが望ましいと判断しました。
また、当社はSPE社との間で欧州における「ラツーダ」の販売に関するライセンスおよび供給契約を締結しました。これにより、Inflexion社は、SPE社のインフラ・従業員を活用し、欧州において「ラツーダ」の販売を継続します。
当社グループは、地域戦略として、日本、北米、中国・アジアでの自社販売に注力し、欧州を含む他の地域については他社との提携による成長を目指します。

2.SPE社の概要

(1)名称 サノビオン・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ・リミテッド
(2)所在地 英国 ロンドン
(3)事業内容 欧州における医療用医薬品の製造、販売
(4)設立 1997年5月
(5)従業員数 29名(2021年3月31日現在)
(6)2020年度売上高 28百万米ドル
(7)大株主・持株比率 サノビオン・ファーマシューティカルズ・インク 100%

3.Inflexion社の概要

(1)名称 Inflexion Private Equity Partners LLP
(2)所在地 英国 ロンドン
(3)代表者の役職・氏名 Managing Partners:Simon Turner、John Hartz
(4)事業内容 プライベート・エクイティ
(5)設立 1999年
(6)運用資金 54億ポンド

4.今後の見通し
株式譲渡による当社の2022年3月期の連結業績に与える影響は軽微です。

以上