音声読み上げ

IRニュース

2021年05月06日印刷はこちらから企業

Roivant Sciencesとの合併を目指す特別買収目的会社への出資について

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)は、このほど、Roivant Sciences Ltd.(本社:英国 ロンドン・スイス バーゼル、CEO:Matthew Gline、以下「Roivant」)との合併契約を締結した特別買収目的会社であるMontes Archimedes Acquisition Corp.(本社:米国カリフォルニア州メンローパーク、Founder, Chairman & CEO:Jim Momtazee、米国ナスダック上場、以下「MAAC」)に出資する契約(以下「本出資契約」)を締結しましたので、お知らせします。
合併契約の詳細については、以下のRoivantのプレスリリース(2021年5月3日付け)をご覧ください。
https://roivant.com/roivant-sciences-and-montes-archimedes-acquisition-corp-maac-to-combine-and-create-publicly-traded-leader-in-biopharma-and-health-technology.html

Roivantは、合併の成立後、米国ナスダックへの上場(銘柄コード:ROIV)を予定しています。なお、合併の成立にはMAACの株主総会における承認および必要とされる手続が完了する必要があります。
MAACおよびRoivantは、合併契約締結と同時に当社を含む複数の投資家と私募増資(Private Investment in Public Equity:PIPE)契約を締結し、合併成立時に総額2億米ドルの資金調達を行います。本出資契約に基づき、当社は合併成立時にMAACの株式を取得し、株式取得と同時に同社株式はRoivantの株式に転換されます。

(ご参考)
【Roivantについて】
Roivantは2014年に設立された非上場企業です。Roivantは、機敏性と起業家精神を重視したバイオテク・ヘルスケアテクノロジー会社である「Vant」という子会社を複数設立しています。各Vantは、独特な手法による人材やテクノロジーの採用を通じて研究開発と販売の効率化に取り組んでいます。当社は、2019年に締結したRoivantとの戦略的提携契約により、Roivantの株式を11%(10億米ドル)取得しました。

【Montes Archimedes Acquisition Corp.(MAAC)について】
MAACは、ヘルスケア業界に焦点を当てた、米国ナスダックに上場している特別買収目的会社です。同社は、1つまたは複数の企業との合併、株式交換等による組織再編や企業結合を実現する目的で2020年10月に上場しました。詳細については、https://montesarchimedesacquisitioncorp.com/をご覧ください。

以上