音声読み上げ

IRニュース

2020年09月23日印刷はこちらから企業

台湾における現地法人設立のお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)は、2020年9月15日付けで、当社100%出資の子会社であるSumitomo Pharmaceuticals Asia Pacific Pte. Ltd.(以下、「SPAP社」)の100%出資の子会社として、台湾に台灣住友醫藥股份有限公司〔英語名:Sumitomo Pharmaceuticals Taiwan Co., Ltd.(以下、「SPTW社」)〕を設立しましたので、お知らせします。

今後、SPTW社は台湾において当社製品などの医薬品を販売する予定です。当社は、中国、シンガポールおよびタイに現地法人を有しており、成長市場であるアジアに注力しています。このたびの台湾での現地法人設立により、アジア地域での更なる事業拡大を目指します。

【ご参考:台灣住友醫藥股份有限公司の概要】

会社名 台灣住友醫藥股份有限公司
(英語名:Sumitomo Pharmaceuticals Taiwan Co., Ltd.)
設立 2020年9月15日
代表者 米田 豊宏
資本金 3,500万ニュー台湾ドル (約1億2,300万円*)
従業員数 16名
機能 台湾国内における医療用医薬品販売
および医療従事者への製品情報の提供・収集
株主 SPAP社
所在地 台北市

* 1ニュー台湾ドル=3.5円で算定

以上