IRニュース

2018年01月30日印刷はこちらから企業

2018年3月期配当予想の修正に関するお知らせ

当社は、2018年3月期の配当予想について、以下のとおり修正しましたので、お知らせいたします。

1. 配当予想修正の理由

当社は、株主の皆様へ常に適切な利益還元を行うことを最も重要な経営方針の一つとして位置付けています。配当については、業績に裏付けられた成果を適切に配分することを重視するとともに、企業価値のさらなる向上に向け、将来の成長のための積極的な投資を行いつつ、強固な経営基盤の確保と財務内容の充実を図ることなどを総合的に見極め、また、株主の皆様に安定的な配当の継続にも配慮することとしています。
当期(2018年3月期)の業績は、前期に引き続き「ラツーダ」の伸長等により、第三期中期経営計画の2017年度経営目標である営業利益500億円および前期の営業利益528億円を上回る720億円を見込んでおり、現時点においても堅調に推移しています。
当社は、株主還元の基本方針と当期の業績を踏まえ、1株につき普通配当9円に特別配当2円を加えて11円としていました当期の期末配当予想について、特別配当を10円に引き上げ、19円に修正しました。これにより、年間の予想配当金は、1株につき28円となります。

2. 修正の内容

  年間配当金
  第2四半期末 期末 合計
前回予想
(2017年10月30日
公表)
9円00銭 11円00銭
(普通配当 9円00銭)
(特別配当 2円00銭)
20円00銭
今回修正予想 19円00銭
(普通配当 9円00銭)
(特別配当10円00銭)
28円00銭
当期実績 9円00銭
前期実績
(2017年3月期)
9円00銭 11円00銭
(普通配当 9円00銭)
(特別配当 2円00銭)
20円00銭

以上