大日本住友製薬 統合報告書 2019
8/84

価値創造の源泉──6つの資本自社の保有する資本(知的資本、社会・関係資本、人的資本など)を活用し、新たな価値を創出・提供することで、世界の人々の健康で豊かな生活に貢献します。同時に経済的価値を生み出し、持続的な企業価値の向上を図っていきます。従業員数(うち研究開発職)PC職※3人数これまでのDSP Academy※4参加人数社員満足度調査への回答率(2018年度)名名名名%3,0676754122797.9人的資本納入医療機関数共同研究の実施数軒件112,612113社会・関係資本自然資本高い収益力と強固な財務基盤ROE親会社所有者帰属持分比率%%10.259.7財務資本2工場、2研究所製造資本当社の強み豊富なパイプライン、創薬力、先端技術・ノウハウ、サイエンスに関わる幅広いネットワークを有し、研究重点3領域※5に加えて、感染症領域にも取り組んでいます。研究開発詳細はP.27グローバル展開を支える基盤として日本・北米・中国で強固な販売網を持ち、地域に合った営業・マーケティング活動を実施しています。グローバル基盤詳細はP.37個々の従業員の能力を生かす仕組みと、誠実で優秀な人材、粘り強く精緻に物事を進める文化を有しています。人材詳細はP.47ビジネスモデル:価値創造のプロセス強みを生かして患者さんの求める新薬を創出知的資本臨床開発中の新薬合併後に送り出した新薬※2品目※124品目※113※1 2019年7月末現在※2 2005年10月以降に承認を取得した新薬※3 Professional Contributor、当社の役職名※4 能力別の選抜型教育研修プログラム(詳細はP.48)※5 研究重点3領域:精神神経、がん、再生・細胞医薬特に記載のないものは2019年3月末時点の数字知的資本および財務資本は連結の数字、それ以外は単体の数字07大日本住友製薬株式会社 統合報告書2019

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る