大日本住友製薬 統合報告書 2019
60/84

コーポレートガバナンス 当社は、企業理念および経営理念のより良い実現を目指して、実効性の高いコーポレートガバナンス体制の構築を継続して追求することを重要な経営課題として位置付けています。コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方と基本方針を「コーポレートガバナンスに関する基本方針」としてまとめ、当社ウェブサイトに掲示しています。■ コーポレートガバナンス体制図株主総会選任/解任選任/解任選任/解任連携連携監査監査答申諮問選定/解職連携監査監査内部監査部経営会議経営連絡会代表取締役監査役会監査役会計監査人各業務担当部門執行役員取締役会取締役指名報酬委員会コーポレートガバナンス■ コーポレートガバナンス体制図■ ガバナンス改革 取り組みの変遷監督機能実効性方針人材育成201720152013201120182016201420122008-20103名(8)(年度)2名(8)指名報酬委員会取締役会実効性評価コーポレートガバナンスに関する基本方針行動宣言コンプライアンス行動基準将来の経営者を養成する「経営塾」を含む選抜型教育研修DSP Academyの設立社外役員の会合の定期開催DSP Group Risk Management Policy1名(8)3名(5)監査役設置会社社外取締役(括弧内は総人数)社外監査役(括弧内は総人数)59大日本住友製薬株式会社 統合報告書2019

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る