大日本住友製薬 統合報告書 2018
58/76

57大日本住友製薬株式会社 統合報告書2018チャイルド・ライフ・スペシャリストによる病気の説明てんかん治療研究振興財団のウェブサイト「日本メンタルヘルスピアサポート専門員研修機構」「日本癌医療翻訳アソシエイツ」に対して、活動資金支援としての寄付を行いました。「てんかん治療研究振興財団」への支援 てんかん治療研究振興財団は、てんかん分野の治療研究の振興を図り、国民の健康・医療に貢献するために、旧大日本製薬株式会社の創立90周年を記念して設立され、当社および有志の方々の寄付によって運営されています。てんかん治療に関する助成事業と表彰事業を行っており、2017年度は、研究助成を12件、海外留学助成を2件、招日研究助成を1件行いました。NAMIウォークイベントに参加したサノビオン社従業員患者団体への支援活動を実施 米国子会社であるサノビオン社は、精神神経領域および呼吸器領域の疾患について教育と啓発を推進するため、全米の患者支援団体とともに、優れたアドボカシープログラムの開発や援助をしています。また、サノビオン社の従業員は、これらのプログラムの認知と資金調達につながるさまざまなイベントに参加しています。2017年度は、前年度に引き続き、全米精神疾患患者家族会(NAMI)のウォークイベントを支援し、米国における精神医療の進展に資することを目指した「Be Vocal」などの支援活動を行いました。患者さんとご家族の支援寄付を通じた支援活動を実施 当社は、グローバルスローガン“Innovation today, healthier tomorrows”のもと、「患者さんやご家族の一人ひとりが、今日よりも少しでも健やかに、少しでも自分らしく過ごせるように」との思いをもちながら社会貢献活動に取り組んでいます。 当社が重視する「患者さんとご家族への支援」「グローバルヘルス」「次世代育成」に取り組む団体に対しては、「役員・従業員からの募金」に「会社からの寄付金」を合わせて、寄付を行っています。2017年度は、「チャイルド・ライフ・スペシャリスト協会」CSRマネジメント

元のページ  ../index.html#58

このブックを見る