大日本住友製薬 統合報告書 2019
56/84

CSRマネジメント■ 環境負荷の全体像(2018年度)INPUTOUTPUT事業活動総エネルギー使用量※1・・・・・・・34,729kl原材料使用量●製品用原料(金属除く)●製品用原料(金属)●PRTR対象物質●製品用梱包資材・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5,085t23t1,673t712t●CO2排出量 スコープ1※2 (エネルギー起源のみ) スコープ2※3・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6.5t0.3t33.5t0.5t8.0t19,844t-CO238,906t-CO2用水使用量●上水道●工業用水●地下水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・159,573t271,077t247,998tエネルギー使用量(原油換算)大気への排出●総排水量●BOD●COD●燐●窒素●PRTR対象物質・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・657,795t4.9t2.9t0.1t0.5t0.0t水系への排出●廃棄物排出量●リサイクル量●最終処分量●PRTR対象物質・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9,686t8,026t51t1,501t廃棄物オフィス236,00231,3459,8222,6465,7314,295 購入した製品・サービス資本財出張販売した製品の使用123611ースコープ1、2に含まれない燃料およびエネルギー関連活動上記以外のカテゴリ(4、5、7、12、13)の合計当社単体当社単体当社単体当社単体当社単体の生産事業所海外を含む当社グループ(連結)算定方法・排出原単位などカテゴリ2018年度排出量(t-CO2)対 象■ スコープ3 カテゴリ別CO2排出量:合計 289,841t-CO2集計対象:国内事業場(工場、研究所、物流センター、大阪本社、東京本社、東京事業所、支店・営業所)算定方法・排出原単位など:※1 (購入電力量×単位発熱量+熱購入量×単位発熱量+燃料使用量×単位発熱量)×0.0258 kl/GJ各単位発熱量、ならびに算定対象とした燃料の種類は、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に基づく値および算定方法を採用。ただし、2018年度から、住友化学(株)構内の拠点について、住友化学(株)から電力および熱の単位発熱量が提供される場合、その値を採用。※2 燃料の使用量×燃料の単位発熱量×燃料のCO2排出係数各単位発熱量およびCO2排出係数は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」に基づく値を採用。※3 購入電力量×電力のCO2排出係数*1+熱購入量×熱のCO2排出係数*2*1 日本製薬団体連合会がそのCO2削減目標の進捗管理のために使用する値(3.3t-CO2/万kWh)を採用。*2 「地球温暖化対策の推進に関する法律」の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」に基づく値を採用。 ただし、住友化学(株)構内の拠点(2017年度まで愛媛工場のみ、2018年度からすべての拠点)については、住友化学(株)から提供される値を採用。環境省DB:環境省「サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出等の算定のための排出原単位データベース(Ver.2.6)」カーボンフットプリントDB:カーボンフットプリントコミュニケーションプログラム 基本データベース Ver.1.01原材料、仕入商品の購入金額に環境省DBの排出原単位を乗じて算出固定資産の取得金額に環境省DBの排出原単位を乗じて算出エネルギー使用量に環境省DBもしくはカーボンフットプリントDBの排出原単位を乗じて算出出張交通費支給額に環境省DBの排出原単位を乗じて算出販売した医薬品のMDI(定量噴霧式吸入器)に充填されているHFC量にGWPを乗じて算出研究開発生 産物 流ー55大日本住友製薬株式会社 統合報告書2019●塩素系有機化学物質●SOx●NOx●ばいじん●PRTR対象物質

元のページ  ../index.html#56

このブックを見る