大日本住友製薬 統合報告書 2019
54/84

すこやかコンパスhttps://www.ds-pharma.co.jp/sukoyaka/次世代育成支援をはじめとした地域貢献製薬企業としての強みを生かした「学びの機会」の提供 当社は、2012年度より次世代育成支援活動の一環として、「中・高校生を対象とした出張授業」を継続しています。これは、未来を担う子ども達が健やかに育ち、その可能性を最大限に発揮できるよう、学びの機会を提供するものです。 医療技術が進歩している現代において、「生命倫理」は中高生の教育において「正解のない」重要なテーマであると考えています。生命関連企業ならではの視点で構成された「生命倫理」をテーマとしたオリジナル教材を用いて当社社員が実施する出張授業は、子ども達の「考え、感じ、互いを思いやる」力を養うプログラムとして、経済産業省や実施した学校の先生方から高い評価をいただいています。 2018年度は、20校で約1,800人が参加、講師を担当した社員は51人となりました。ウェブサイト「すこやかコンパス」の掲載 当社は、2012年度より、未来を担う子ども達に向けて、当社ウェブサイトに「すこやかコンパス」を掲載しています。すこやかコンパスを通じて、子ども達が薬を正しく理解し使用することの大切さを学び、薬に対する興味・関心をもってもらうことを願い、また、くすり教育の一助となりたいと考えています。 すこやかコンパスでは、薬って何なのか、薬はどのように作用するのか、薬が誕生するまでの道のりはどうなっているのかなど、知っているようで意外と知らない薬の情報を紹介する「くすりのいろは」、薬の使い方などをQ&A形式で解説する「おくすりQ&A」、薬に関する自由研究の方法や研究のまとめ方についてガイドする「薬の自由研究ガイド」、製薬企業での仕事や薬剤師の仕事を紹介する「くすりの仕事図鑑」、当社における最先端の薬の研究開発を紹介する「くすりの挑戦」など、さまざまなコンテンツを掲載しています。また、子ども達に親しみをもっていただけるよう、ナビゲーターの「スコッピィ」が薬に関して解説したり、疑問に答えたりしています。CSRマネジメント関連するSDGsの目標すこやかコンパスのナビゲーター「スコッピィ」51人人出張授業で講師を担当した社員20校1,800人出張授業実施校/出席者数53大日本住友製薬株式会社 統合報告書2019すこやかコンパスの出張授業実

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る