大日本住友製薬 統合報告書 2019
5/84

研究開発領域機会とリスク研究開発領域精神神経領域がん領域再生・細胞医薬分野感染症領域上市目標機会•アンメット・メディカル・ニーズが高く、健康寿命への影響が大きい。•ブロックバスターの「ラツーダ」をはじめ、継続的に製品を創出してきた実績に加え、自社(サノビオン社を含む)で培った研究開発のノウハウがある。•先端技術(インシリコ、バイオマーカー、iPS細胞など)を活用した創薬への取り組みに強み。リスク•診断や有効性評価のバイオマーカーがないことから、研究開発の難易度、不確実性が高い。•日米における医療費・薬剤費削減に向けた政策動向。機会•アンメット・メディカル・ニーズが高く、サイエンスが急速に進歩している領域であり、当社の規模でも成功が可能。•がん微小環境の改善を目指した創薬研究および開発を継続。•DSPグループ内ならびにアカデミアやベンチャー企業との強固な連携ネットワークを持つ。リスク•研究開発の難易度、不確実性が高い。•競争や技術革新の進歩が激しく、研究開発を取り巻く環境が変化する。•日米における医療費・薬剤費削減に向けた政策動向。機会•既存の治療薬では解決できない疾患に対するアプローチとして有望であり、今後市場の拡大が見込まれる。•当社および住友化学の長年の研究蓄積と総合力、アカデミアやベンチャー企業とのネットワークを活用できる。•iPS細胞由来の細胞医薬品の事業化を目指すトップランナーである。リスク•新規分野のため、薬事承認や薬価収載等のルールが完全には整備されていない。•製品ごとに異なる培養法の確立、品質管理への対応が必要となる。•技術の進歩が速く、常にキャッチアップする必要がある。機会•薬剤耐性(AMR)対策をはじめ、国際的なグローバルヘルスの気運が高まっている。•メロペン等の抗菌薬や、ワクチンアジュバントなど、当社には長年の研究開発経験がある。•アカデミアや国立研究所、財団をはじめとする国際的なネットワークを通じた創薬研究が加速されている。リスク•新興国における医療水準や保険が整備されていない。主な開発品目ルラシドン(統合失調症/双極性障害うつ)2020年度2020年度2020年度上市目標見直し中2023年度2021年度上市目標見直し中2023年度2023年度アポモルヒネ(パーキンソン病に伴うオフ症状) dasotraline(過食性障害(BED))dasotraline(注意欠如・多動症(ADHD))SEP-363856(統合失調症) ナパブカシン(結腸直腸がん)alvocidib(急性骨髄性白血病(AML))TP-0903(固形がん/血液がん)上市目標見直し中2022年度※2022年度※SB623(慢性期脳梗塞)他家iPS細胞由来医薬品(パーキンソン病)他家iPS細胞由来医薬品(加齢黄斑変性)TP-0184(固形がん)※ 連携先との合意ではない当社の目標日本米国日本日本日本米国米国米国米国米国米国米国米国大日本住友製薬株式会社 統合報告書201904

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る