音声読み上げ

グローバルヘルス

グローバルヘルスについての基本的な考え方

医療が進歩した現代においても、いまだ十分に満たされていない医療ニーズ(アンメット・メディカル・ニーズ)が数多く存在しており、研究開発型の製薬会社は、革新的な新薬の研究開発によって課題を克服する使命を担っています。また、世界には、医療システムの不備や貧困などにより、すべての人が平等に必要な医療処置を受けることが困難な地域が存在します。
当社は、「グローバルヘルスへの貢献」、「医薬品アクセス向上への取り組み」および「途上国に対する医療インフラ整備支援」を、事業を通じて取り組むマテリアリティ(重要課題)に設定し、当社製品の研究開発により、また政府機関・国際機関・研究機関・市民社会との連携により、課題解決に取り組んでいます。
途上国の医療制度整備・人材育成・市民啓発に取り組むことは、SDGs達成への貢献のみならず、グローバル製薬企業としての当社のプレゼンスを高めることにもつながると考えています。

グローバルヘルスにおける当社の戦略

当社のグローバルヘルスに取り組みにおいては、以下の点を重視し、長期的な戦略を策定しています。

  • 社会実装における実現可能性や効率性を鑑み、当社の強み(専門性、技術力、ネットワーク)を生かせる感染症領域や、自社事業とのシナジーを発揮できる分野に優先的にリソースを活用します。
  • グローバルヘルスは地球規模の課題であるとの認識から、国際機関、政府機関、研究機関、市民社会等との多様な連携により、持続可能な体制の整備を重視します。
  • 取り組みの対象国・地域は、国連が定めるLeast Developed Countries (LDCs)*1および世界銀行が定めるLow Income Countries (LICs)とLow & Middle Income Countries (LMICs)を参照して決定します。

*1: https://www.un.org/development/desa/dpad/least-developed-country-category.html

*2: Low Income Countries (LICs) https://data.worldbank.org/income-level/low-income
Low & Middle Income Countries (LMICs) https://data.worldbank.org/income-level/low-and-middle-income

グローバルヘルスにおける当社の優先分野

当社は、「グローバルヘルスについての基本的な考え方」および「グローバルヘルスにおける当社の戦略」に基づき、現在、SDGsの目標3「すべての人に健康と福祉を」の達成を目指し、以下の4つのターゲットに優先的に取り組み、グローバルヘルスの課題解決を目指しています。

当社が優先的に取り組んでいるSDGsの目標3のターゲット
ターゲット 具体的な活動
3.1 2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を10万人当たり70人未満に削減する。 ・カンボジアにおける母子の健康改善に向けた取り組み
3.2 全ての国が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らし、5歳以下死亡率を少なくとも出生1,000件中25件以下まで減らすことを目指し、2030年までに、新生児および5歳未満時の予防可能な死亡を根絶する。 ・カンボジアにおける母子の健康改善に向けた取り組み
3.3 2030年までに、エイズ、結核、マラリア及び顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症及びその他の感染症に対処する。 ・新規薬剤耐性(AMR)菌感染症治療薬の研究開発
・マラリアワクチンの研究開発
・ユニバーサルインフルエンザワクチンの研究開発
・GHIT Fundへの参画
・抗菌薬の適正使用に向けた取り組み
・ベトナムにおける薬剤感受性サーベイランス研究の実施
3.4 2030年までに、非感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。 ・精神神経領域、がん領域などの治療薬の研究開発
・Access Acceleratedへの参画

具体的な活動は、以下をご覧ください。