HOME > すこやかコンパス > くすりの挑戦 > 製剤技術

HOME > すこやかコンパス > くすりの挑戦 > 製剤技術

効き目のモトをよりよい「お薬」に ? 製剤技術

くすりの挑戦
効き目のモトをよりよい「お薬」に
ー製剤技術

薬の効き目のモトとなる成分を「有効成分」と言います。この「有効成分」は、そのままではまだ「お薬」にはなりません。「お薬」には大きく分けると、内服薬(錠剤、カプセル剤などの飲み薬)、外用薬(軟膏や湿布、目薬、うがい薬など)、注射薬などがあり、病気や症状によって使い分けられています。「有効成分」をこれらの「お薬」にするために用いられる技術が「製剤技術」です。
「製剤技術」によって有効成分が本来持っている治療効果を最適に発揮させ、時にはその効果を増強したり副作用を低減させたりします。また、薬の保存や使用にあたって、品質の確保、取扱いやすさ、飲みやすさを実現することで、有効成分が身近な「お薬」として患者さんの手元に届けられるのです。ここでは、この「製剤技術」の進歩が、どのように患者さんに役立ってきたのか、また、どのような期待を背負っているのか、注目してみましょう。

スコッピィ

それでは、製剤に関する2つの技術「苦味マスキング技術」「ドラッグデリバリーシステム」に注目してみるよ。

【苦味マスキング技術】

くすりの「ニガ~い!」を攻略するテクノロジー。

「苦いよなぁ~、飲みたくないなぁ~」 薬と聞いて、最初に思い浮かべるのは、こんな気持ちではないでしょうか。この問題を解決するために、苦味を感じさせない技術が使われている内服薬(飲み薬)があります。

  • 【苦味マスキング技術】くすりの「ニガ~い!」を攻略するテクノロジー。
  • 【苦味マスキング技術】くすりの「ニガ~い!」を攻略するテクノロジー。
  • 【苦味マスキング技術】くすりの「ニガ~い!」を攻略するテクノロジー。
  • 【苦味マスキング技術】くすりの「ニガ~い!」を攻略するテクノロジー。

【ドラッグデリバリーシステム】

くすりを「患部までしっかりお届け」する、
ドラッグデリバリーシステム。

ドラッグデリバリーシステムの登場により、注射や薬を飲む回数を減らしたり、薬の副作用を少なくしたりすることが可能になってきました。また、がん治療をはじめとする、最先端治療の助けになることが期待されています。

  • 【ドラッグデリバリーシステム】くすりを「患部までしっかりお届け」する、ドラッグデリバリーシステム。
  • 【ドラッグデリバリーシステム】くすりを「患部までしっかりお届け」する、ドラッグデリバリーシステム。
  • 【ドラッグデリバリーシステム】くすりを「患部までしっかりお届け」する、ドラッグデリバリーシステム。
  • 【ドラッグデリバリーシステム】くすりを「患部までしっかりお届け」する、ドラッグデリバリーシステム。

コラム 実験室をのぞいてみましょう。

実験室をのぞいてみましょう。

  • 錠剤編

    錠剤編
    患者さんにとって、飲みやすい薬を創り出すための「実験室」をのぞいてみることにしよう。...続きを読む
  • ドラッグデリバリーシステム編

    ドラッグデリバリーシステム編
    薬の有効成分を患部まで安全、確実に届けるための技術を研究する「実験室」をのぞいてみることにしよう。...続きを読む