HOME > すこやかコンパス > 大日本住友製薬について

HOME > すこやかコンパス > 大日本住友製薬について

新薬で未来に貢献する、医療用医薬品メーカー。

スコッピィ

こんにちは、スコッピィだよ!ぼくたち大日本住友製薬ってどんな会社なのか、ここで少しだけ自己紹介をさせてね!

【ブランドマーク】

思いを、シンボルで表しました。

スコッピィ(以下ス):まはなちゃん、このデザイン何に見える?

まはなちゃん(以下ま):そうだなぁ、お花に見えるかなぁ。

:ピンポン♪ これは、健康でいる喜びとその開放感を表す「花」、明日に向かって前進していく躍動感を表す「太陽」、未来の可能性と希望を表す「光」をイメージし、世界へ広がっていくネットワークの様子を込めた大日本住友製薬のシンボルで「グリーン・プリズム」っていうんだ。

:でも、どうして「グリーン」なの?

:グリーンって、健康でイキイキした気分の状態、未来の可能性の象徴である若葉の色なんだよ。「グリーン・プリズム」は、大日本住友製薬は人々の健康で豊かな生活のために、未来や世界に対して広く貢献していくんだ! という企業姿勢を体現したものなんだ。

ま友ちゃん

【プロフィール】

いろいろな力が一つになって、グローバルに活動しています。

:大日本住友製薬は、2005年に、歴史と伝統のある大日本製薬と住友製薬が力を合わせて作った会社なんだよ。

:力を合わせれば、より大きなことができるね。

:そうだね。その点では、2009年に、アメリカを中心に活動していた製薬会社であるセプラコール・インク(現:サノビオン・ファーマシューティカルズ・インク)を、また2012年には、ボストン・バイオメディカル・インクを加え、世界の製薬会社と競争するうえで、大きな力を得ることができるようになったんだ。

:海外では、アメリカだけなの?

:中国やイギリスでも活動しているんだよ。そして、大日本住友製薬の「医療用医薬品」は、各国に輸出され、世界中の人々の健康に役立っているんだ。

2005大日本住友製薬誕生/2009セプラコール・インク完全子会社化/2012ボストン・バイオ・メディカル・インク完全子会社化

2005大日本住友製薬誕生/2009セプラコール・インク完全子会社化/2012ボストン・バイオ・メディカル・インク完全子会社化

2005大日本住友製薬誕生/2009セプラコール・インク完全子会社化/2012ボストン・バイオ・メディカル・インク完全子会社化

2005大日本住友製薬誕生/2009セプラコール・インク完全子会社化/2012ボストン・バイオ・メディカル・インク完全子会社化

【取り組み】

新薬で、すこやかな未来を支えていきます。

:大日本住友製薬はどんなことをしている会社なの?

:お医者さんが処方する薬である「医療用医薬品」の製造販売を行っている会社だよ。そして、最先端の研究にも積極的に取り組んでいるよ。

:治療が難しい病気のことをテレビで見たことがあるな。薬で治せない病気ってまだまだたくさんあるの?

:残念ながら、まだたくさんあるんだ。大日本住友製薬は、人々の健康を願い、世の中から求められているよりよい薬、新たな薬づくりに挑んでいるんだ。

:人々の健康のために、これからもがんばってね!

まはなちゃん

【みんなへの約束】

人々の健康で豊かな生活に貢献していきます。

:大日本住友製薬では、皆さんがどんな気持ちで仕事をしているの?

:「人々が健康で豊かな生活を送ってもらいたい」という気持ちで仕事をしているよ。

:そういう想いを込めて「薬」をつくっているんだね。

:そうだね。でも、人々の健康で豊かな生活に貢献していくために、薬を創る「創薬」だけでなく、製薬会社としての知恵や経験を活かした「社会貢献活動」も行っているんだよ。

:“Innovation today, healthier tommorows”というグローバルスローガンどおり、世の中の人たちのために活動しているんだね。

それぞれに適したカタチで支援

それぞれに適したカタチで支援

それぞれに適したカタチで支援

ぼくたちは、この地球に暮らす、すべての人が健康で豊かな生活を送ってほしいから、これからも一生懸命、君と社会に役立つことを行っていくよ!

大日本住友製薬のことが、ちょっと分かってきた!いろいろな力が集まってできた、世界で活躍している会社なんだね。人々の健康で豊かな生活のために、これからもがんばってね!

まはなちゃん

ぼくたちは、この地球に暮らす、すべての人が健康で豊かな生活を送ってほしいから、これからも一生懸命、君と社会に役立つことを行っていくよ!

まはなちゃん

大日本住友製薬のことが、ちょっと分かってきた!いろいろな力が集まってできた、世界で活躍している会社なんだね。人々の健康で豊かな生活のために、これからもがんばってね!