ニュースリリース

2005年8月5日

「環境・社会報告書2005」発行

当社は、2003年度から環境保全活動の取り組みを記載した「環境報告書」を発行してきましたが、本年度は環境保全だけでなく当社の社会的責任の考え方や社会活動の実践についても記載した「環境・社会報告書2005」をこのほど発行しました。

内容は、(1)社長メッセージ、会社概要、経営理念等の紹介、(2)「環境との調和」、(3)「社会とともに」の3部構成となっています。昨年度のアンケート結果等を踏まえ、各部門の具体的な取り組みを中心に記載するなど工夫をしました。

「環境との調和」の章では、主な成果として以下のような点を挙げています。

  • 茨木工場へのコージェネレーションシステムの設置によりCO2排出量を削減
  • 廃棄物のリサイクル推進より最終処分量を大幅に削減
  • ジクロロメタン吸着装置の設置により大気排出量を削減
  • 製品のPTPシート材質のポリ塩化ビニルからポリプロピレンへの切り替えを推進し、生産数量の85%が切り替え完了

「社会とともに」の章では、次のような事項を記載しています。

  • 社会的責任の考え方、コンプライアンス・企業倫理に関する取り組み
  • お客様との関わり
  • 従業員との関わり
  • 社会とのコミュニケーション

当社は本年10月に大日本製薬株式会社と合併し、「大日本住友製薬株式会社」としてスタートしますが、今後とも引き続き、ご理解とご支援をお願いいたします。

以上