ニュースリリース

2005年1月17日

抗悪性腫瘍性抗生物質 「カルセド®」の販売移管等に関する基本覚書締結

住友製薬株式会社(社長:岡本康男)と日本化薬株式会社(社長:島田紘一郎)は、昨年12月28日付けで、抗悪性腫瘍性抗生物質「カルセド®」(一般名:塩酸アムルビシン)の国内における販売を移管することを骨子とする基本覚書を締結しました。
日本化薬は、本年春頃より「カルセド®」の販売を開始する予定です。これに伴い「カルセド®」の市販後臨床試験を含む市販後調査業務は、住友製薬が日本化薬と協力して引き続き行います。

「カルセド®」は、住友製薬が創製した世界初の全合成によるアントラサイクリン系抗悪性腫瘍性抗生物質で、「非小細胞肺癌、小細胞肺癌」の効能・効果の承認を取得しています。また現在、悪性リンパ腫を対象とした効能追加の臨床試験を実施中です。
2002年12月に発売以来、本剤は国内で高い評価を受け順調に売上を伸ばしています。

住友製薬は中期経営計画を推進するなかで、販売活動における選択と集中を検討しております。この程、数多くの抗がん剤ラインナップを持ち、がん領域において確固たる地位を築いている日本化薬に本剤の販売を移管することにより、「カルセド®」の持つポテンシャルを最大限に引き出し、また、有効性や安全性などの適正使用情報をより迅速かつ的確に医療関係者に提供を行うことができ、患者さんの治療に貢献できるものと判断しました。

日本化薬は、住友製薬から「カルセド®」の販売移管を受け、「抗がん剤を中核とする医薬事業の強化、発展」を目指します。「カルセド®」は国産の有力な抗がん剤として医療関係者から高く評価されており、日本化薬の抗がん剤のラインナップを一層充実させることにつながることに留まらず、住友製薬との協力体制の下、がん化学療法の治療成績の向上に一層貢献できることと期待しています。

両社は、この度の「カルセド®」の販売移管により、肺がん治療に一層貢献できるものと考えます。

以上