ニュースリリース

2004年9月6日

「環境報告書2004」発行

当社は、環境保全活動への取り組みについて広く社会の理解を得るために、昨年度に引き続きこのほど「環境報告書2004」を発行いたしました。

「環境報告書2004」では、当社の環境管理体制、2003年度の環境会計、環境保全活動としての省エネルギー・地球温暖化防止、廃棄物削減、化学物質の管理、製品への環境配慮等、環境保全への取り組みの他、労働安全衛生への取り組みなどを、2003年4月に発足した大分工場の状況を含めて幅広く紹介しています。
また、新たに「環境自主行動計画」の達成状況、環境負荷の少ない製品づくり、主要事業所の環境保全への取り組み状況や、労働安全衛生への取り組み状況などを追加掲載するとともに、活動内容は可能な限り具体的に記述いたしました。

当社は、環境保全への取り組みを重要な経営課題の一つと認識し、これまで「環境・安全に関する基本方針」の制定や、「環境自主行動計画」として2010年を見据えた目標を策定するとともに、本年6月には品質保証・環境部を改組して、全社の環境安全管理を担当する環境安全部を本社に設置するなど、積極的に全社的な環境管理体制を構築し、環境負荷低減に取り組んできています。
このような当社の取り組みについて広く社会の理解を得るために、このたび「環境報告書2004」を公表することとしたものです。
当社は今後とも環境に配慮した経営を推進していくとともに、本書もさらに内容を充実させていく所存です。

なお、本報告書は近日中に当社ホームページ上にその内容を掲載する予定です。

「環境報告書2004」発行

以上