ニュースリリース

2004年1月15日

新規呼吸器疾患治療薬に関してアストラゼネカ社と共同研究契約を締結

当社はアストラゼネカ社(本社:英国)と、呼吸器疾患の治療を目的とした新規な治療薬に関する共同研究を実施することで合意し、このたび契約を締結いたしました。

当社は、免疫系(炎症・アレルギー)を重点研究分野の一つとしており、新しい作用メカニズムを持つ呼吸器疾患治療薬の研究を進めてまいりました。その探索スクリーニングの中から、このたび新規治療薬として有望と思われる複数の化合物群を見出すことに成功しました。
さらに研究開発を推進して早期に製品化するには、呼吸器疾患治療薬の領域で豊富な技術と経験がある企業との提携が望ましいと判断し、当社と長年にわたり良好な提携関係にあるアストラゼネカ社と共同研究契約を締結する運びとなりました。

本共同研究の目的は、当社が見出した化合物群をもとに、両社が協力して開発化合物を選定するものですが、その後の開発や販売についても共同で行うことで基本合意しております。
両社では今後、早急に本共同研究をスタートさせ、できるだけ早期の新規呼吸器疾患治療薬の創製を目指す予定です。当社としては、現在欧州で開発中の抗リウマチ剤に続く、世界的な治療薬となることを期待しています。

以上