ニュースリリース

2003年9月18日

大分工場 新原薬製造設備・新メロペン®製剤棟 竣工

住友化学工業株式会社と住友製薬株式会社は約100億円の設備投資を行い、新たな原薬製造設備や新メロペン®製剤棟等の建設を進めてきましたが、9月18日に竣工しましたので、お知らせします。

医薬品販売の伸長に伴う原薬の生産量増加や、国際的にますます厳格化するGMP基準を先取りしてこれらに対応していくため、住友化学大分工場内の既存医薬品原薬製造設備をカルバペネム系抗生物質「メロペン®」の原薬製造設備として専用化し、新たに医薬品原薬の製造設備とメロペン®製剤棟を建設したものです。
2002年8月から逐次建設工事を開始し、このたび当初計画どおり竣工の運びとなりました。今後、様々なバリデーション※と試運転を実施した上で、2004年秋頃に本格稼働させる予定です。
新原薬製造設備は、地上5階建ての多品種切替工場です。原材料の受け入れから原薬の製造、保管、出荷までを効率的に運営します。
新メロペン®製剤棟は、地上2階建てで、同建屋内に混合室、充填室、包装室、試験室等を配置しており、メロペン®製剤の製造及び品質管理を行います。
住友製薬は、本年4月に原薬製造事業を住友化学から引き継ぎ、住友製薬生産本部大分工場として発足させました。今回竣工した新原薬製造設備と新メロペン®製剤棟は、この大分工場が管理運営します。住友製薬では、原薬から製剤まで一貫した生産戦略のもと、生産体制の整備と品質保証体制の強化に積極的に取り組み、医薬品製造の効率化を一層進め、競争力の強化を図っていきます。

以上

※製造所の構造設備並びに手順、工程その他の製造管理および品質管理の方法が期待される結果を与えることを検証し、これを文書とすること(GMP規則で定義)。

(新原薬製造設備の建物の概要)
所在地 〒870-0106 大分県大分市大字鶴崎2200
建物構造 鉄骨造、地上5階建
建築面積 1,758 平方メートル
延床面積 4,814 平方メートル
着工 2002年8月2日
竣工 2003年9月18日

(新メロペン®製剤棟の概要)
所在地 〒870-0106 大分県大分市大字鶴崎2200
建物構造 鉄骨造、地上2階建
建築面積 4,108 平方メートル
延床面積 6,908 平方メートル
着工 2002年9月10日
竣工 2003年9月18日