ニュースリリース

2003年8月20日

天然型インターフェロン-α製剤 「スミフェロン®」に900万国際単位品の剤型追加

当社は、本日8月20日、インターフェロン アルファ(NAMALWA)を900万国際単位含有する「スミフェロン®900注」を発売しましたので、お知らせします。

「スミフェロン®」は、1992年にC型慢性活動性肝炎の効能を取得以来、C型慢性肝炎の治療薬として広く使われてきました。「スミフェロン®」のC型慢性肝炎に対する用法・用量は300~900万国際単位であり、初回連日投与においては、900万国際単位が使用されるケースが少なくありませんでした。従来、900万国際単位を投与するには300万国際単位品と600万国際単位品の2本投与する必要があり、900万国際単位1本の投与(1.5mL)で済むことは、2本分(2mL)の投与を受けておられた患者さんの負担を少しでも軽減することができ、市場のニーズに対応できると考え、900万国際単位含有製品を発売することとしました。

2002年2月に、それまで6カ月以内に制限されていたC型慢性肝炎へのインターフェロンの保険適用期間が撤廃されたことにより、C型慢性肝炎のインターフェロンによる様々な治療法が選択できるようになりました。
現在、当社は、バイアルタイプの「スミフェロン®」とディスポーザブル注射器に薬液を充填した「スミフェロン®DS」を、それぞれ300万と600万国際単位品を販売していますが、バイアルタイプの900万国際単位品が加わることによりラインナップが充実し、C型慢性肝炎治療の利便性が高まるものと期待しています。

以上