ニュースリリース

2003年4月1日

「生産本部大分工場」新設

当社は4月1日付をもって、生産本部大分工場を新たに設置しましたので、お知らせします。

従来、当社の医薬品製造は、製剤工場である茨木工場と、スミフェロン中間体(粗液)及び無菌製剤を製造する愛媛バイオ工場の2工場で実施し、原薬製造については、住友化学工業(株)大分工場が担当していました。
しかし、医薬品産業のグローバル化、ボーダーレス化に伴い、医薬品の製造にかかわるGMP※も、製剤だけでなく原薬も含め、ますますグローバル化、厳格化してきており、それに対し的確に対応していかなければなりません。また今後、薬事法改正により製造承認から販売承認制度に移行するに伴い、原薬から製剤まで一貫した生産戦略のもと、医薬品製造においても競争力の一層の強化を図っていくことが重要です。
このような状況の中で、当社は、原薬から製剤までの一貫生産体制を運営していくことが必要と判断し、このたび、住友化学から原薬製造を引き継ぎ、当社の生産部門に原薬製造という新たな機能を加え、生産本部大分工場として発足させたものです。
当面、約100名の体制でスタートしますが、現在、大分工場では、新たな原薬製造設備や新メロペン製剤設備等の建設を、住友化学と協力して進めており、本年秋頃までには順次完成し、2004年秋に本格稼動させる予定です。

※GMP:医薬品の製造管理及び品質管理規則(Good Manufacturing Practice)

○生産本部大分工場

住 所 〒870-0106
大分県大分市大字鶴崎2200番地
工場長 村上 信二

以上