ニュースリリース

2002年9月26日

経口用カルバペネム系抗生物質に関する共同研究契約の締結

住友製薬株式会社
藤沢薬品工業株式会社

住友製薬株式会社(社長:横塚 實亮)と藤沢薬品工業株式会社(社長:青木 初夫)は、経口用カルバペネム系抗生物質に関する共同研究を実施することで合意し、このたび契約を締結いたしました。

この共同研究の目的は、住友製薬が既にスクリーニングを終了している、および新たに合成するカルバペネム系化合物の中から、各種細菌による市中感染症に対する経口抗生物質製剤の開発化合物を両社協議により選定するものです。そのために、住友製薬は、新規化合物の創製、初期薬効評価、開発候補化合物のサンプル製造等を担当し、藤沢薬品は、開発候補化合物の高次薬効評価等を実施します。
共同研究により開発化合物が絞り込まれた後、両社は共同開発および併売に関する契約に移行する予定です。

住友製薬は、カルバペネム系抗生物質製剤としては最初の単剤使用できる注射剤メロペネム(製品名:メロペン®)を開発し、日本をはじめアジアの数ヶ国で販売しています。また、本剤はライセンスにより世界80ヶ国以上で販売されています。
住友製薬はその後継カルバペネム化合物を研究する中で、経口剤として有望な化合物を複数見出すことに成功しました。そして、これら経口カルバペネム化合物の研究開発を推進し早期の製品化を目指していく上で、藤沢薬品との提携が望ましいと判断いたしました。

藤沢薬品は、感染症領域において、セフェム系抗生物質を中心として確固とした営業基盤を築いています。また、研究活動におきましても、感染症領域を重点指向領域の一つに掲げ、積極的に創薬研究に取り組んでいます。
藤沢薬品はこの度の共同研究を通して、これまでに蓄積された豊富な研究経験を活かし、新規な経口用カルバペネム系抗生物質が早期に創出されることを期待しています。

今回の契約締結により、両社では今後、早急に本共同研究をスタートさせ、順調に推移した場合、2年程度を目処として開発化合物の選定を目指す予定です。

以上