ニュースリリース

2000年12月19日

アロネックス社と白金錯体・誘導体に関する特許ライセンス契約の締結

当社は、アロネックス・ファーマシューティカルズ社(米国テキサス州、以下アロネックス社)と、当社の白金錯体・誘導体に関する特許を同社にライセンス供与することで合意し、12月12日に特許ライセンス契約を締結しました。
アロネックス社は、癌・感染症領域を中心とした医薬品の研究開発および販売を目的として、1986年(当時社名アルガス社)に設立された米国のベンチャー企業です。 本契約の締結により、アロネックス社は米国で開発中の抗癌剤アロプラチンを独占的に開発・販売することが可能になります。当社は対価として、アロネックス社より契約一時金、開発進捗に応じたマイルストーン支払、および将来の米国での販売額に応じたロイヤルティーの支払を受けることになります。
当社は現在、白金錯体のアルキル誘導体SM-11355を抗癌剤として日本で開発を進めており、米国では本化合物に関する特許を出願していました。米国特許庁での審査過程で、アロネックス社が有する特許とのインターフェアランス係争がありましたが、このほど結審し、当社特許が成立することになりました。それを受けて、当社特許をアロネックス社にライセンス供与することで合意に至ったものです。
なお当社特許の成立により、SM-11355の米国での開発の可能性が担保されることになります。

以上

○アロネックス・ファーマシューティカルズ社 会社概要
会社名 アロネックス・ファーマシューティカルズ社
(Aronex Pharmaceuticals Inc.)
設立 1986年(当時Argus社)
1995年9月にOncologix社およびTriplex社と三社合併し、同時に社名をAronex社に改称
本社 米国テキサス州ウッドランズ(Woodlands)
代表者 ジェオフリー・エフ・コックス博士
(Geoffrey F. Cox, Ph. D., Chairman of the Board & Chief Executive Officer)
従業員数 82人(1999年12月末現在)
事業内容 癌・感染症領域を中心とした医薬品の研究開発および販売
開発化合物 ATRAGEN®(抗癌剤)、Nytran®(抗真菌剤)、Aroplatin™(抗癌剤)、Annamycin(抗癌剤)