ニュースリリース

2000年11月27日

抗精神病薬「塩酸ペロスピロン」の共同プロモーション契約締結

ウェルファイド株式会社
住友製薬株式会社

住友製薬株式会社(社長:横塚実亮)とウェルファイド株式会社(社長:飯田晉一郎)は、住友製薬が製造承認申請中の抗精神病薬「塩酸ペロスピロン(一般名)」について、住友製薬とウェルファイドの子会社である吉富薬品株式会社が、製造承認取得後に共同プロモーションを行うことで合意し、契約を締結しました。

「塩酸ペロスピロン」は、住友製薬が研究開発した、セロトニン・ドパミンアンタゴニストと呼ばれる非定型抗精神病薬で、現在、医療用医薬品として製造承認を申請しています。

本剤は製造承認取得後に、製造および販売を住友製薬が行いますが、プロモーションについては、本剤の特徴等を迅速かつ的確に医療関係者に情報伝達するために、精神神経領域を重点領域とする住友製薬と、精神科に営業基盤をもつ吉富薬品が協力して行うことに致しました。

なお、吉富薬品は、ウェルファイドが本年4月に精神科領域に対する営業部門を分社独立させた会社です。

*セロトニン・ドパミンアンタゴニスト
ドパミン2受容体およびセロトニン2受容体遮断作用を有する抗精神病薬です。

以上