ニュースリリース

2000年7月13日

茨木工場に新棟竣工

当社は、主力製剤工場である茨木工場(大阪府茨木市)に、固形剤の製造能力を増強するとともに、治験薬注射剤を製造するための新棟を建設していましたが、本日、竣工します。

新棟は鉄筋コンクリート6階建て、建築面積が約1,400m²で、1階は上階とは独立した構造として治験薬注射剤の製造を行います。2階以上の階では固形剤の製造を行います。

「アムロジン®錠」(高血圧症・狭心症治療薬)や「セディール®錠」(セロトニン作動性抗不安薬)などの製品の販売が伸長しており、また今後、上市が見込まれる新製品に対応するため、固形剤の製造能力を増強するものです。また今後の海外での研究開発を視野に入れ、国際的なGMPに適合する治験薬注射剤の製造設備を設置することとしました。

新棟竣工により、茨木工場の建築延べ面積は約74,200m²となります。

新棟概要
鉄筋コンクリート 地上6階(一部7階)、地下1階(一部)
建築面積 約1,400m²
延べ面積 約8,500m²
着工 平成11年6月9日
建築費用 約12億円(建物のみ)

以上