ニュースリリース

2000年4月3日

医薬品のゲノム創薬研究の推進について

住友化学工業株式会社
住友製薬株式会社

住友化学と住友製薬は、ゲノム創薬研究を強化して先進的な医薬品開発を共同で推進するため、4月3日付で住友製薬の研究開発本部総合研究センターに新たにゲノム科学研究グループを設けることとしました。
ゲノム科学研究グループでは、住友製薬の研究員に住友化学からの研究員が加わり、両社で合意した研究方針のもと、ゲノム創薬研究に従事します。

ゲノム情報に基づく医薬品の研究開発が世界的に急速なスピードで進展しており、遺伝子配列などの大量の情報処理、DNAチップ等を用いた遺伝子の発現と機能の解析、2次元電気泳動と質量分析機器等を用いた蛋白質の発現と機能の解析など、いわゆるゲノム創薬研究は、医薬品の研究、開発、安全性評価、市販後臨床などの観点から、製薬企業にとって必須のものとなっています。そこで、住友化学、住友製薬で従来から進めてきたゲノム創薬関連研究を集約し、相互に補完することにより、医薬品の研究開発を一層推進していくこととしました。

ゲノム科学研究グループでは、バイオインフォマティクス、ゲノミクス、およびプロテオミクスの各分野において基盤技術の確立、新規技術の導入・開発を行い、さらに両社の研究所や他の研究グループと協力し、新薬の作用機序解明・特徴づけ、新薬の効力・副作用の予測、および新規創薬ターゲット遺伝子(蛋白質)の探索・機能解析などの研究を実施し、先進的な医薬品の研究開発を目指します。

住友化学グループとして医薬品事業を育成・強化するために、住友化学、住友製薬の両社は昨年から研究組織の再編成を行ってきました。昨年の8月および10月には安全性研究、合成法・製造法研究を、これら分野を得意とする住友化学に集約しました。
今回はゲノム創薬関連研究を住友製薬に集約して、住友製薬が創薬研究により一層特化して新薬の早期研究開発を推進できるよう体制を整備しました。

医薬品事業は、住友化学グループの重要事業の一つと位置付けており、両社間での協力体制を緊密に保ちながら、今後、医薬品事業の一層の発展に努めていきます。

以上