ニュースリリース

2005年7月11日

持続性抗アレルギー剤「エバステル®OD錠」 新発売のお知らせ

大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:宮武 健次郎)と明治製菓株式会社(本 社:東京都中央区、社長:佐藤 尚忠)は、本日、持続性抗アレルギー剤「エバステル®OD錠5mg・10mg」(エバスチン口腔内崩壊錠)を新発売しましたので、お知らせいたします。

エバステル®錠は、アルミラル・プロデスファーマ,S.A.(本社:スペイン)において合成・開発されたアレルギー性疾患治療剤であり、日本国内では大日本製薬(株)が開発し、1996年より明治製菓(株)と共同で販売を開始しております。
エバステル®OD錠は、大日本製薬(株)による独自の口腔内崩壊錠の製剤技術を適用した製剤であり、服用後、唾液により速やかに崩壊し、水なしでも服用できます。
エバステル®OD錠5mg・10mg」は次のような特長を有しています。

1.口腔内で速やかに崩壊し、いつでも、どこでも水なしで服用可能です。
2.作用は持続的で、1日1回投与で優れた効果を発揮します。
3.食事の影響を受けないため、患者さんのライフスタイルに合わせた投与が可能です。
4.服用感が良く、加えてOD錠5mgはストロベリー風味となっています。

両社は、既存製剤に加えて、本剤を発売することで、国内のアレルギー疾患治療に一層貢献できることを期待しています。

以上

(ご参考)「エバステル®OD錠5mg・10mg」の概要

【販売名】 エバステル®OD錠5mg/エバステル®OD錠10mg
【一般名】 エバスチン
【成分・含量】 エバステル®OD錠5mgは1錠中エバスチン5mgを含有し、エバステル®OD錠10mgは1錠中エバスチン10mgを含有する。
【効能・効果】 蕁麻疹
湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚・痒症
アレルギー性鼻炎
【用法・用量】 通常、成人には、エバスチンとして1回5~10mgを1日1回経口投与する。
なお、年齢・症状により適宜増減する。
【製造元】 大日本製薬株式会社
【販売元】 大日本製薬株式会社、明治製菓株式会社
【製造承認日】 2005年2月23日
【薬価収載日】 2005年7月8日
【薬価基準】 エバステル®OD錠5mg(1錠):116円60銭
エバステル®OD錠10mg(1錠):162円
【包装形態】 エバステル®OD錠5mg:100錠(10錠×10)、500錠(10錠×50)
エバステル®OD錠10mg:100錠(10錠×10)、500錠(10錠×50)

以上