ニュースリリース

2005年3月23日

糖尿病・肥満領域における共同研究の契約締結について

ゾイジーン株式会社(本社:横浜市、社長:三津家正之)と大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:宮武健次郎)は、糖尿病・肥満領域においてゾイジーン(株)が設計した化合物を基に大日本製薬(株)が開発候補化合物を取得するための共同研究契約をこのたび締結しましたのでお知らせいたします。

生活習慣病である糖尿病や肥満症は先進国を中心に増加し続けており、患者さんはもとより社会にとっても大きな問題になっています。従来から薬物治療を含め、様々な治療に対する取り組みが行われ、また、新たな薬剤の開発も行われておりますが、将来に向けて、さらに有用な新しい作用機序を有する新薬の開発が望まれています。

ゾイジーン(株)はX線および核磁気共鳴(NMR)を用いた蛋白構造解析と独自の化合物設計技術を駆使することにより、細胞系および動物モデルの経口投与で有効性を示唆する化合物を創出する技術を有しております。今回の契約では、ゾイジーン(株)が設計・創出した化合物を基に、大日本製薬(株)では開発候補化合物を得るための合成および薬理評価等の研究を実施し、新しい作用機序の糖尿病・肥満治療薬を創出・開発しようとするものです。

ゾイジーン(株)は独自の無細胞蛋白合成系、蛋白質のX線結晶構造解析、NMR解析、無細胞蛋白ディスプレー(CFPD)技術、標的蛋白の構造に基づいたヒット化合物設計および最適化技術を有しており、今回の共同研究や受託研究以外にも、これまで製薬企業が取り組み困難であった標的蛋白に対する医薬候補化合物の創出に今後も積極的に取り組んで行きます。

大日本製薬(株)は、血管系疾患を探索研究の重点指向領域の一つとしてとらえ、その中でも、とくに糖尿病を重点疾患と位置づけて独創的で新しい価値を持つ医薬品の研究開発に取り組んでおります。ゾイジーン(株)との共同研究の成果が創薬研究に貢献することを期待しております。

以上

(ご参考)

ゾイジーン社の概要

1)設  立: 2001年12月
2)所在地: 〒227-8502 横浜市青葉区鴨志田町1000番地
3)代表者氏名: 取締役社長 三津家正之
4)資本金及び資本準備金: 25億円
5)株主構成: 三菱化学株式会社 100%
6)事業内容: 小麦無細胞蛋白合成関連事業、蛋白質のX線結晶構造解析の受託、蛋白質の核磁気共鳴(NMR)解析受託・ライセンス、無細胞蛋白ディスプレー(CFPD) 技術の受託・ライセンス、創薬ヒット化合物設計および最適化の受託、自社医薬候補化合物のライセンス及び共同研究・開発

以上