ニュースリリース

2005年3月16日

糖尿病合併症治療剤に関する共同開発契約締結について

大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:宮武健次郎)と杏林製薬株式会社(本社:東京都、社長:荻原郁夫)は、大日本製薬(株)が創製し、開発中の糖尿病合併症治療剤「AS-3201」(開発コード番号)を両社で日本国内市場を対象に共同開発する契約を本日締結しましたのでお知らせいたします。

本剤は、アルドース還元酵素を強力に阻害することにより細胞内のソルビトール蓄積を抑制し、糖尿病合併症の一つである糖尿病性神経障害を改善する薬剤として開発されています。

大日本製薬(株)は、「AS-3201」を国際戦略製品として位置付け、早期上市に向けて開発に取り組んでおり、すでに米国とカナダにおいて自社開発中(フェーズⅢ試験)です。

杏林製薬(株)は、フランチャイズマネジメント(FM)戦略の中で、R&D領域を3領域(感染症、免疫・アレルギー、代謝性疾患)に集中化・重点化しております。代謝性疾患領域は、その重点分野のひとつであり今回の契約締結により研究・開発ラインナップを更に強化出来るものと考えております。

今回の契約締結により、両社は日本において「AS-3201」の共同開発に取り組み、本剤の早期上市に努めていきます。

以上

本提携に関しては覚書締結時(平成14年12月5日)に公表しております。

(ご参考)

糖尿病性神経障害とは
糖尿病性神経障害は、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症と並んで糖尿病三大合併症の一つ。合併症の中でも発症頻度が高く(糖尿病患者の約4割)、しかも糖尿病発病後の比較的早い時期から「手足のしびれ」「痛み」「立ちくらみ」などの症状が現れ、QOLの低下を招きます。

糖尿病患者数
厚生労働省の糖尿病実態調査(平成14年度調査)によると、わが国の糖尿病患者数は「糖尿病が強く疑われる人」の740万人と「糖尿病の可能性を否定できない人」を含めると1620万人と推定されています。

以上