ニュースリリース

2005年1月25日

喘息に関するホームページ開設のお知らせ

大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:宮武 健次郎)ではこのたび、患者さんへの喘息に関する情報提供を目的として、当社ホームページ上に喘息のコーナー「きゅうチャンの『喘息って何?』」(監修:帝京大学医学部 内科学講座 呼吸器・アレルギー学 教授 大田 健 先生)を開設しましたのでお知らせいたします。

「きゅうチャンの『喘息って何?』」は、肺の構造、喘息のメカニズム、喘息薬の種類、吸入ステロイドの特徴や使い方などをわかりやすく説明しています。なお、「きゅうチャン」はこのコーナーのキャラクターです。

(ご参考)喘息について

現在、日本には400万人もの喘息患者さんがいるといわれています。これは日本人の30人に1人という計算になり、喘息はとても身近な病気といえます。
新薬の開発や新しい治療法の進歩により、喘息発作で亡くなる方は昔に比べて減少しました。しかし、今でも1年間に3,000人以上の方が喘息で亡くなっています。

以上