ニュースリリース

2004年5月10日

高血圧治療薬 「塩酸レルカニジピン」 の開発について

株式会社ツムラ

大日本製薬株式会社

株式会社ツムラ(本社:東京都、社長:風間八左衛門)と大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:宮武健次郎)は、高血圧治療薬として第Ⅲ相臨床試験の開発段階にある塩酸レルカニジピン(一般名)の開発についてお知らせします。

株式会社ツムラと大日本製薬株式会社は、イタリアのレコルダッチ社とのライセンス契約に基づき塩酸レルカニジピン(開発コード:TJN-324)の開発を行ってきました。当薬剤は1日1回投与のカルシウム拮抗型高血圧治療薬で、同等クラスの他剤より足首の浮腫の発現件数が極めて少ないという利点があり、既に75カ国で承認され、58カ国で順調に販売されています。両社は、高血圧治療薬として共同で国内開発を推進し、承認申請・取得を目指してまいりました。

今回、実施した臨床試験の成績で、現行製剤は日本の市場で期待されていた競争力を満足できる可能性の低いことが示唆されました。そのため今後は、ライセンス契約先であるレコルダッチ社と新たに明確な臨床上の利点を得ることを目指し、新製剤(モディファイド・リリース製剤)開発の可能性も含めて開発の方向を検討していくこととしました。従いまして、本年末の承認申請は見送ることになりました。

以上