ニュースリリース

2004年4月1日

フードサイエンス事業の新施設
「東京テクノセンター」開設のお知らせ

大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:宮武 健次郎)では、4月5日、当社の東京事業所内にフードサイエンス事業の研究施設「東京テクノセンター」を開設しますので、お知らせいたします。
当社では従来、食品素材や調味料などのフードサイエンス事業の研究開発を、総合研究所(大阪府吹田市江の木町)内にあるフードサイエンス研究所にて行っておりましたが、この度、加工食品メーカーなどのお客様と一緒に商品開発する研究施設を東京に開設しました。
テストキッチンや試食室などを設け、お客様とともに研究できるスペースとしているところが特長です。同センターがお客様の新商品開発や品質管理に役立つものと期待しております。

東京テクノセンター」の開設に伴い、現在のフードサイエンス研究所は「大阪ベーシックセンター」と改称し、新規素材開発研究や品質保証業務にその内容を特化させます。

(ご参考)  施設概要

名   称: 東京テクノセンター
所 在 地: 東京都台東区谷中3-25-6 大日本製薬(株)東京事業所内
延べ床面積: 約500m²

以上