ニュースリリース

2002年12月26日

研究開発プロジェクト管理システムの稼動について

大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:宮武 健次郎)では、このたび「研究開発プロジェクト管理システム」 の稼動を開始しましたのでお知らせいたします。

本システムは、研究開発プロジェクトの全体計画、各プロジェクトにおいて実施される全試験スケジュールと進捗状況、ならびに、リソース(費用、人員)に関する情報を一元管理することができます。この他、下記の機能を有しています。
  • ・スケジュールの予定・実績の参照機能
  • ・スケジュール立案調整におけるシミュレーション機能、時間分析機能
  • ・進捗情報の収集機能

これらの機能を利用することにより、マネージメント層、試験実施部門、企画管理部門が、研究開発プロジェクトに関する情報をリアルタイムに共有することができ、各プロジェクトの全体計画を把握しリソース配分をも 考慮した適切なスケジュールの立案が行えます。また、局面毎に発生する課題や問題点を早期に発見することができるとともに、その影響を迅速に予測することができ、早期問題解決を図ることが可能となります。

当社では研究開発の効率化と期間短縮のために、組織横断的な「プロジェクト制」を導入していますが、本システムはこれを支援するために構築されたもので、本システムの導入によって、研究開発の効率化と期間短縮化が期待できます。

以上