ニュースリリース

2002年6月11日

広範囲経口抗菌薬「ガチフロ®錠100mg」新発売についてのお知らせ

杏林製薬株式会社(本社:東京都、社長:荻原郁夫)と大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:宮武健次郎)は、本日(6月11日)付をもって、広範囲経口抗菌薬「ガチフロ®錠100mg」 (一般名:ガチフロキサシン)を新発売いたしました。

近年、感染症治療においては、多剤耐性菌出現、各種副作用の低減をはじめ、抗菌剤に対する課題が顕在化しております。 杏林製薬(株)はこれらの課題に応えるべく、より優れた有効性と安全性を兼ね備えたニューキノロン剤の開発を目指して研究を進めました。 その結果、日本で初めてキノロン骨格の8位にメトキシ基を導入した Eight Methoxy Quinolone(EMQ)である 「ガチフロ®錠100mg」を創製いたしました。

ガチフロ錠®100mg」は、従来のニューキノロン系抗菌剤の課題であった肺炎球菌をはじめとするグラム陽性菌に加えて、クラミジア・ニューモニエ、肺炎マイコプラズマやペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)等の多剤耐性菌にも強い抗菌力を示すことから、呼吸器感染症にも高い有用性を持つ新世代のニューキノロン系抗菌剤として、臨床的に評価を得ていきたいと考えております。 さらに安全性の面では、ニューキノロン剤特有の光線過敏症の軽減化が期待されるものです。
感染症領域において共に強みをもつ、杏林製薬(株)と大日本製薬(株)の両社は、同一ブランドによる共同販売を通じて、市場への早期浸透を図り、呼吸器をはじめとする各感染症の治療に貢献できるものと期待をしております。

なお、初年度の売上高は両社併せて成人用経口抗菌剤市場のシェア約10%を見込んでおります。 また、ピーク時におきましては、成人用経口抗菌剤市場のシェア20%を獲得し、国内における経口抗菌剤のトップシェアを目指してまいります。

以上

※本件は、杏林製薬株式会社との共同発表です。