ニュースリリース

1999年3月8日

財団法人 てんかん治療研究振興財団 平成11年度研究助成対象者決定のお知らせ

財団法人 てんかん治療研究振興財団(理事長 藤原冨男)は、このほど平成11年度助成対象者(研究助成・国際交流助成)、研究褒賞および功労賞受賞者を決定いたしましたのでお知らせいたします。

  1. 平成11年度の助成対象者は、滋賀医科大学 病理学第2講座 天野 殖(あまの しげる)氏「新しく開発された遺伝性てんかんラット(Ihara's genetically epileptic rat:IGER)海馬に出現する微小神経形成異常の遺伝様式の解明並びに異常遺伝子座の染色体マッピング」ほか26名の方です。
    助成総額は2,440万円であります。
  2. 平成11年度研究褒賞は旭川医科大学医学部精神医学講座 千葉 茂(ちば しげる)氏「てんかん発作の全般化に関わる脳幹の役割についての実験的研究」に贈呈することになりました。
  3. てんかん学の進歩、発展に著しい貢献をし、永年に亘っててんかん研究に指導的役割を果たされたわが国の研究者に研究功労賞を贈呈してきましたが、平成11年度は奈良県立医科大学名誉教授 堀  浩 (ほり ゆたか)氏に贈呈することになりました。

以上