ニュースリリース

1998年7月9日

24時間FAXサービス「P-クイック24」開始のお知らせ

大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:渡守武 健)では8月3日より医療機関等向けに365日24時間フルタイムで最新医療用医薬品情報をFAXで提供するサービス「P-クイック24」を開始いたします。
本サービス開始の背景には次の2点が大きな要因としてあげられます。

  • (1) 医薬分業が活発化し、院外処方箋が増加の一途をたどるなかで、患者さんへの医薬品の適正使用情報提供の役割を担う保険薬局(調剤薬局)に対する、製薬企業からの迅速な医薬品情報の提供が大きな課題になっている。
  • (2) 医薬品の基本情報である添付文書の改訂頻度が高くなるに従い、医療機関においても情報の最新性の確認(確保)が常に求められるようになった。

「P-クイック24」にて提供する医療用医薬品情報は、『最新版添付文書』、『添付文書使用上の注意改訂のお知らせ』、『くすりのしおり』、『過量・急性中毒時の処置』、『各種お知らせ情報(包装形態変更等のお知らせ等)』です。

「P-クイック24」の特長は次のとおりです。
  • (1) 夜間・休日を問わず、365日24時間いつでも弊社の医療用医薬品に関する最新情報を取り出せます。
  • (2) 各情報は随時追加・更新され、常に最新の情報レベルに保たれています。
  • (3) 医療機関はMRの訪問頻度に左右されることなく最新情報を確認することができます。
  • (4) 医療機関のデータメンテナンスの支援に有用であり、特に処方頻度が低く最新情報の維持が難しい医薬品に関しては有用性が高いと考えます。
  • (5) 請求はプッシュ回線電話から自動応答システムで行い、簡単な操作で取り出せます。

利用に際しては、対象が医療関係者に限られているため、弊社が発行するパスワードが別に必要となります。
将来的には、提供情報の種類を増やし、内容をより充実したサービスとしていく予定です。

以上