ニュースリリース

1997年12月9日

湧永製薬とのオプション契約締結のお知らせ

大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:渡守武 健)は、このたび湧永製薬株式会社(本社:大阪市、社長:草井由博)から同社が開発中のニューキノロン系抗菌剤WQ-2743の全世界における独占的な開発ならびに販売に関するオプション権を取得しましたのでお知らせいたします。
ニューキノロン系抗菌剤(以下NQ剤と略)は、核酸に作用する細菌特有の酵素であるジャイレースおよびトポイソメラーゼIVの働きを阻害することにより、殺菌作用を示す薬剤であります。本系統の薬剤は、その強い抗菌力と広い抗菌スペクトルならびに抗生物質耐性菌にも有効なことにより、国際的にも種々の感染症の第一選択薬として位置づけられようとしております。

今回契約の対象となった化合物は、既存のNQ剤では十分な効果が得られなかったMRSA( メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)やペニシリン耐性肺炎球菌および既存のNQ剤に耐性となった菌にも強い抗菌力を示し、安全性も高いことから、呼吸器感染症、泌尿器感染症を含む幅広い感染症に高い有用性が期待でき、次世代のNQ剤として国際的に高い評価が得られるものと考えております。大日本製薬では本剤を重要な品目として位置づけ、現在当社の主力NQ剤であるスパラ®(一般名:スパルフロキサシン)に次ぐNQ剤として国際的にも開発する予定にしており、上市後は種々の感染症の治療に役立つ薬剤になるものと期待しております。
本化合物は、本年9月30日にカナダのトロントで開催された第37回米国化学療法学会議(ICAAC)で発表され、そのユニークな構造、さらには特筆すべきプロファイルのため注目を集めました。現在、前臨床の段階にありますが、大日本製薬では早期に臨床開発に着手したいと考えております。

以上