ニュースリリース

1997年10月13日

「レキソール」および「Rexall」の商標権移転に関するお知らせ

大日本製薬株式会社(本社:大阪市、社長:渡守武 健)では、このたび当社が保有している「レキソール」および「Rexall」の日本における登録商標に基づく商標権を米国のRexall Sundown, Inc. (レキソールサンダウン社、本社:米国フロリダ州)へ譲渡・移転することに合意いたしましたのでお知らせいたします。

当社では、昭和42年から「レキソール」および「Rexall」の商標を一般用医薬品、医薬部外品などのヘルスケア製品に使用してまいりました。現在、これらの製品は当社の子会社であるマルピー薬品株式会社(本社:大阪市、社長:植田美夫)を通じて販売されています。

このたびの商標権移転により、今後「レキソール」および「Rexall」の商標を用いたビジネスは米国レキソールサンダウン社によって行われます。また当社は、現在扱っているレキソールの商標がついた製品を新しい商品名に変更し、引き続き販売してまいります。

なお、この商標権の移転登録は本年9月22日に完了いたしました。

以上