ニュースリリース

東日本大震災からの復興支援活動のお知らせ― 被災地応援物産展『神農祭マルシェ』開催について ―

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田 正世)は、大阪の道修町で行われる神農祭にあわせて、下記のとおり、被災地応援物産展『神農祭マルシェ』を開催しますので、お知らせします。

【日時】 2013年11月22日(金) 11:00~14:00  ※雨天開催
【場所】 大日本住友製薬株式会社 大阪本社ビル前
大阪市中央区道修町2-6-8
【主催】 大日本住友製薬株式会社
【協賛】 少彦名(すくなひこな)神社
【販売品】 青森県、岩手県、宮城県、福島県の特産品(食料品・酒)、福祉施設授産品(食料品・雑貨)、「ハート・ブレッド・プロジェクト」のパン製品

当社は、2011年から毎年、神農祭マルシェを開催しています。本年もこの神農祭マルシェによって、被災地の復興支援の一助となることを期待しています。今後も被災地のニーズに則した復興支援活動を継続的に行い、被災地の一日も早い復興のために貢献していく所存です。

(ご参考)

  • *マルシェ(Marche):フランス語で市場のことです。神農祭マルシェは被災地である東北の物産を購入することにより被災地を支援する取り組みです。
  • *神農祭は、製薬会社、薬品会社が立ち並ぶ大阪・道修町内の少彦名神社のお祭りで、11月22、23日に開催されます。大阪の一年のお祭りは1月の十日戎ではじまり神農祭で終わるので、「とめの祭」ともいわれており、大阪市無形文化財(民俗・平成19年)にも指定されています。
  • *少彦名神社は、日本の薬祖神である少彦名命とともに、中国の医薬の神様である神農氏をお祀りしていることから、「神農さん(しんのうさん)」とも呼ばれています。
  • *ハート・ブレッド・プロジェクト:ハートのかたちに焼いたパンを販売し、その収益の一部を被災地に寄付するチャリティー活動です。今回、近畿圏を拠点とするパン販売店の協力を得ています。

以上