ニュースリリース

東北地方太平洋沖地震に対する義援金について

3月11日に三陸沖で発生しました、東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に対し、謹んでお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田正世)は、このたびの地震による被害に対し、日本赤十字社を通じて、1億円の義援金を寄付することを決定しましたので、お知らせします。

また当社では義援金以外に、医薬品の提供など、可能な限りの支援を行っていく予定です。

なお、当社の子会社であるDSP五協フード&ケミカル株式会社(本社:大阪市、社長:老田哲也)は1,000万円、DSファーマアニマルヘルス株式会社(本社:大阪市、社長:伊集院哲)は500万円の義援金拠出を決定しています。

以上