研究提携および導入・買収

外部研究機関との提携

当社は新薬継続創出に向けて、国内外の大学を含む研究機関や革新的技術を有するベンチャー企業との研究提携を推進しています。

積極的な提携推進に向けて

バイオベンチャーファンドの「アポジット・ヘルスケア・ファンド」、「レミジェス・バイオファーマ・ファンド」、「デフタ・ヘルスケア・テクノロジーズ・エルピー」への投資をはじめ、いろいろな形で情報収集を行っています。

投資先 投資分野
アポジット・ヘルスケア・ファンド 創薬などのライフサイエンス分野、
ヘルスケアサービス分野
レミジェス・バイオファーマ・ファンド 医薬品の研究開発などのライフサイエンス分野
デフタ・ヘルスケア・テクノロジーズ・エルピー 先端医療・再生医療、次世代医療機器、
ヘルスケアIoT・ICT

公募型オープンイノベーション活動「PRISM」を実施し、共同研究による新薬創出を推進

国内の大学や研究機関、企業の皆様からの独創的なアイデアを募集し、当社の創薬研究ニーズとマッチする共同研究を行うことで新薬創出を推進しています。

「PRISM」ウェブサイトのトップページ

主な共同研究

京都大学:「免疫とストローマ制御によるがん創薬研究プロジェクト」(DSK プロジェクト)

豊富な基礎医学・臨床医学の知見を有する京都大学と、抗がん剤の研究に注力する当社が、人材、資金、知見、マネジメントを融合させ、お互いの知的資産を有効利用しながら協働で研究することにより、新規創薬標的およびバイオマーカー(疾患の状態や変化、治癒の程度を特徴づける生物学的指標)を同定するとともに、候補物質探索を進め、独創的な抗がん剤、診断法および治療法の創出を目指します。

京都大学iPS 細胞研究所

  • 遺伝子の変異に起因する難治性希少疾患の一つに焦点を当て、その疾患特異的「人工多能性幹細胞」(iPS 細胞)を用いて、産学協同して病気が進行するメカニズムを解明します。そして患者さんに特有の疾患関連シグナルを同定してその経路を阻害する治療薬を探索する計画です。これにより、患者さんの病気の進行を抑える画期的な治療法を創成することを目指します。
  • 非自己iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いた世界初となるパーキンソン病の治療法の実用化に向けて、共同して研究開発に取り組んでいます。

京都大学iPS細胞研究所・株式会社日立製作所

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業において、非自己iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いた世界初となるパーキンソン病の治療法の実用化に向け、ドパミン神経前駆細胞の生産方法の確立等に関する基盤技術および評価手法の開発に取り組んでいます。

株式会社ヘリオス

加齢黄斑変性等の眼疾患を対象としたiPS細胞由来網膜色素上皮細胞(RPE細胞)を用いた国内における共同開発を行っています。

慶應義塾大学、国立病院機構大阪医療センター

産官学連携の「再生医療実現拠点ネットワークプログラム」において、慶應義塾大学(岡野栄之教授)のプロジェクト「iPS細胞由来神経前駆細胞を用いた脊髄損傷・脳梗塞の再生医療」に、国立病院機構大阪医療センターとともに分担機関として参加し、脊髄損傷に対するiPS細胞由来神経前駆細胞の移植治療を目指しています。

理化学研究所

基礎研究において住友化学株式会社が理化学研究所と共同でヒトES細胞から立体網膜の形成に世界で初めて成功しており、当社はこれを引き継ぎ、理化学研究所と共同でiPS細胞由来の立体網膜を用いた網膜色素変性の治療の実用化を目指しています。

JCRファーマ株式会社

JCRファーマ株式会社が保有する血液脳関門(Blood-Brain Barrier:BBB)通過に関する技術「J-Brain Cargo」の脳神経系治療薬創製への適用可能性を検討することを目的として、共同研究を行っています。

戦略的投資による買収および開発品の導入の推進

パイプラインの拡充という観点から、戦略的投資による買収および開発品の導入について積極的に推進しています。導入に関しては、精神神経領域およびがん・スペシャリティ領域を中心に、後期開発段階の品目を優先して幅広く検討します。

最近の主な買収

買収企業 買収
年月
主な開発品
開発
コード
開発
段階
開発
地域
分類
トレロ社(米国) 2017年
1月
alvocidib
(一般名)
フェーズ2 米国・
カナダ
抗がん剤
TP-0903 フェーズ1 米国 抗がん剤
TP-1287 前臨床 米国
TP-0184 前臨床 米国
シナプサス社
(カナダ)
(現 Sunovion CNS
Development Canada ULC)
2016年
10月
APL-
130277
フェーズ3 米国 パーキンソン病
治療剤

最近の主な導入

製品名/
一般名/
開発コード
適応症/
予定適応症
導入先 導入
年月
開発
段階
対象
地域
ウチブロン 慢性閉塞性
肺疾患
(COPD)
ノバルティス社
(スイス)
2016年
12月
承認済 米国
シーブリ
アルカプタ
SB623 慢性期脳梗塞
(細胞医薬品)
サンバイオ社
(米国)
2014年
9月
フェーズ2 米国・
カナダ
バチキノン
(EPI-743)
ミトコンドリア病 バイオエレクトロン社
(旧エジソン社)
(米国)
2013年
3月
フェーズ
2/3終了
日本
EPI-589 神経変性疾患 フェーズ2 日本・
米国・
カナダ
(米国・
カナダは
成人のみ)
オベチコール酸
(DSP-1747)
非アルコール性脂肪肝炎
(NASH)
インターセプト社
(米国)
2011年
3月
フェーズ2 日本・
中国・
韓国