提携・導入

外部研究機関との提携

当社は新薬継続創出に向けて、国内外の大学を含む研究機関や革新的技術を有するベンチャー企業との研究提携を推進しています。

積極的な提携推進に向けて

バイオベンチャーファンドの「アポジット・ヘルスケア・ファンド」、「レミジェス・バイオファーマ・ファンド」への投資をはじめ、いろいろな形で情報収集を行なっています。

公募型オープンイノベーション活動「PRISM」を実施し、共同研究による新薬創出を推進

国内の大学や研究機関、企業の皆様からの独創的なアイデアを募集し、当社の創薬研究ニーズとマッチする共同研究を行うことで新薬創出を推進しています。

公募型オープンイノベーション活動 PRISM くすりのこれから私たちとともに

「PRISM」ウェブサイトのトップページ

主な共同研究

京都大学:「免疫とストローマ制御によるがん創薬研究プロジェクト」(DSK プロジェクト)

豊富な基礎医学・臨床医学の知見を有する京都大学と、抗がん剤の研究に注力する当社が、人材、資金、知見、マネジメントを融合させ、お互いの知的資産を有効利用しながら協働で研究することにより、新規創薬標的およびバイオマーカー(疾患の状態や変化、治癒の程度を特徴づける生物学的指標)を同定するとともに、候補物質探索を進め、独創的な抗がん剤、診断法および治療法の創出を目指します。

京都大学iPS 細胞研究所

遺伝子の変異に起因する難治性希少疾患の一つに焦点を当て、その疾患特異的「人工多能性幹細胞」(iPS 細胞)を用いて、産学協同して病気が進行するメカニズムを解明します。そして患者さんに特有の疾患関連シグナルを同定してその経路を阻害する治療薬を探索する計画です。これにより、患者さんの病気の進行を抑える画期的な治療法を創成することを目指します。

戦略的投資による提携・導入の推進

パイプラインの拡充という観点から、戦略的投資による提携や導入について積極的に推進しています。国内導入に関しては、精神神経領域をはじめとする国内営業基盤を活かすことができるものを中心に、開発後期段階の早期に上市可能な製品の積極的な導入を推進します。
北米に関しては、サノビオン社の基盤を活かせる精神神経・呼吸器・スペシャリティの領域を優先に導入を推進します。
また、研究・開発前期の品目に関しては、パイプラインの拡充・補完を目的とし、重点領域での導入・提携を推進します。

最近の主な導入

開発コード 分類 導入先 導入年月
SB623 脳梗塞(細胞医薬品) SanBio社(米国) 2014年9月
EPI-743、
EPI-589
ミトコンドリア病、
神経変性疾患治療剤
Edison社(米国) 2013年3月
DSP-1747 非アルコール性脂肪肝炎
(NASH)
Intercept社(米国) 2011年3月