リスクマネジメント

リスク管理に関する取り組み

当社グループとしてのリスクマネジメントに関する基本的な考え方を定めた基本方針を制定し、当社がグループのリスクマネジメントを適切に推進する体制を構築しています。この推進体制では、リスクの特性に応じて、グループ横断的に取り組むリスクと各社が自らの責任において取り組むリスクに分類しています。それぞれのリスクについて、当社が各社から報告を受けることによって、グループ全体のリスクマネジメントを当社が把握し、必要に応じて、指導・助言等の対応を行っています。

当社では、事業活動に影響を及ぼすリスクに対応するため、社則「リスクマネジメント規則」を制定し、社長がリスクマネジメントを統括することを明確にするとともに、特性に応じて分類されたリスクごとにリスクマネジメントを推進する体制を整備しています。その具体的な取り組みの一つとして、年度ごとにリスクアセスメントを実施し、その結果を踏まえた対策の策定・実施・評価を行い、全社各部門がそれぞれの課題解決に向けて計画的に取り組んでいます。また、当社の社会的使命である医薬品の安定供給という観点から、大規模震災の発生や新型インフルエンザの大流行を想定した事業継続計画(BCP)を策定しています。さらに、災害等への即応力を強化するため、想定される個々のリスクに応じて必要な社則やマニュアル類を整備し、具体的なトレーニングや研修会を通じた従業員への啓発活動も実施しています。

リスク管理に関する取り組み

情報管理

当社は、社会に向けて適時適切、公正な情報開示を行うとともに、事業活動を通じて得た個人情報や顧客情報を適正に保護、管理しています。物理的・技術的リスクから当社の情報資産を保護するため、社会環境の変化や情報技術の進歩に合わせた技術的な対策を進めています。一方、人的リスクへの対策として、規程類の見直しをはじめ、従業員全員が情報セキュリティの重要性を認識し、ルールを周知徹底するための教育を実施しています。