会社沿革

2005年
  • 10月1日 大日本住友製薬 誕生
2006年
  • 深在性真菌症治療剤「アムビゾーム®」新発売
2007年
  • ファブリー病治療剤「リプレガル®」新発売
  • ラボラトリープロダクツ事業をDSファーマバイオメディカル株式会社に結合
  • 中期経営計画(`07-`09年度)スタート
2008年
  • 非定型抗精神病薬「ロナセン®」新発売
  • 高血圧症治療剤「アバプロ®」新発売
2009年
  • パーキンソン病治療剤「トレリーフ®」新発
  • 米国に持株会社(大日本住友製薬アメリカホールディングス・インク)を設立
  • 米国セプラコール・インク(現サノビオン・ファーマシューティカルズ・インク)を買収し、米国持株会社の完全子会社化(下写真)
    2009年
2010年
  • 肝細胞がん治療剤「ミリプラ®」新発売
  • 第二期中期経営計画(`10-`12年度)スタート
  • セプラコール・インク(現サノビオン社)と大日本住友製薬アメリカ・インクを合併
  • ビグアナイド系経口血糖降下剤「メトグルコ®」新発売
  • 成長ホルモン事業を譲渡
  • アニマルサイエンス事業を会社分割し、DSファーマアニマルヘルス株式会社を設立
  • フード&スペシャリティ・プロダクツ事業を五協産業株式会社に統合し、DSP五協フード&ケミカル株式会社に商号変更
  • 米国セプラコール・インクをサノビオン・ファーマシューティカルズ・インクに商号変更
2011年
  • 非定型抗精神病薬「LATUDA®」サノビオン社が米国にて新発売
  • 速効型インスリン分泌促進剤「シュアポスト®」新発売
2012年
  • 米国ボストン・バイオメディカル・インクの買収(下写真)
    2012年
  • アレルギー性鼻炎治療剤「ゼトナ」サノビオン社が米国にて新発売
  • サノビオン社がエレベーション社(現サノビオン・レスピラトリー・ディベロップメント・インク)を買収
  • 高血圧症治療剤「アイミクス®」新発売
2013年
  • シンガポール共和国に子会社(サノビオン・アジア・パシフィック社)を設立
  • 第三期中期経営計画(`13-`17年度)スタート
  • 大日本住友製薬ヨーロッパ・リミテッドがサノビオン・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ・リミテッドに商号変更
  • 結核ワクチン事業に関する合弁会社(株式会社クリエイトワクチン)を設立
  • 米国に抗がん剤販売子会社(ボストン・バイオメディカル・ファーマ・インク)を設立
2014年
  • 再生医療等製品事業に関する合弁会社(株式会社サイレジェン)を設立
  • 神戸再生・細胞医薬センター(現 再生・細胞医薬神戸センター)を開設(下写真)
    2014年
  • 抗てんかん剤「APTIOM®」サノビオン社が米国にて新発売
  • 非定型抗精神病薬「LATUDA®」サノビオン・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ・リミテッドが英国にて新発売
  • 生産拠点再編を決定(茨木工場および鈴鹿工場の生産機能統合、愛媛工場の閉鎖)
2015年
  • そう痒症改善剤「レミッチ®」の国内プロモーションを開始(慢性肝疾患患者におけるそう痒症)
  • GLP-1受容体作動薬「トルリシティ®」の国内販売提携契約を締結
2016年
  • サノビオン社がカナダのシナプサス・セラピューティクス・インク(現サノビオン・CNS・ディベロップメント・カナダ・ULC)を買収
  • オーソライズド・ジェネリック等のプロモーション子会社(DSファーマプロモ株式会社)を設立
2017年
  • 米国トレロ・ファーマシューティカルズ・インクの買収
  • 米国ボストン・バイオメディカル・ファーマ・インクをボストン・バイオメディカル・インクと統合し、ボストン・バイオメディカル・インクに商号変更
  • COPD治療剤「UTIBRON™」サノビオン社が米国にて新発売
  • 大日本住友製薬アメリカホールディングス・インクが大日本住友製薬アメリカ・インクに商号変更