会社沿革

旧大日本製薬

1897年
  • (明治30年)5月14日 設立
  • 1897年に大阪・道修町の有力薬業家21名により、大阪製薬株式会社が設立される
1898年
  • 大阪・海老江に製薬工場(旧大阪工場、旧大阪総合センター)を設置
  • 東京にあった半官半民の大日本製薬会社を吸収合併し、社名を大日本製薬株式会社に改称
1908年
  • 大阪薬品試験株式会社を吸収合併
1914年
  • 化成品事業スタート
1927年
  • 気管支拡張・鎮咳剤「エフェドリン『ナガヰ®』」新発売
1950年
  • 動物薬事業スタート
1956年
  • 一般用医薬品事業スタート
1960年
  • 食品添加物事業スタート
1963年
  • 台湾大日本製薬設立
1968年
  • 鈴鹿工場(三重県鈴鹿市)を設置
1970年
  • 総合研究所(大阪府吹田市)竣工
1974年
  • ラボラトリープロダクツ事業スタート
1979年
  • 抗菌性化学療法剤「ドルコール®」新発売
1987年
  • てんかん治療研究振興財団設立
1988年
  • 米国駐在事務所開設
  • 末梢循環改善剤「プロレナール®」新発売
  • 持続性ACE阻害降圧剤「セタプリル®」新発売
1989年
  • 抗てんかん剤「エクセグラン®」新発売
1993年
  • 中央物流センター(現在の神戸物流センター)竣工
1996年
  • 持続性抗アレルギー剤「エバステル®」新発売
1997年
  • 創立100周年
1998年
  • ロンドンおよび北京事務所開設
  • 消化管運動機能改善剤「ガスモチン®」新発売
1999年
  • 持続性癌疼痛治療剤「カディアン®」新発売
2002年
  • 吸入ステロイド喘息治療剤「キュバール™」新発売
2003年
  • 大阪工場を閉鎖(鈴鹿工場に統合)
  • 癌疼痛治療用内服液剤「オプソ®」新発売
2005年
  • 一般用医薬品事業の営業を譲渡
  • 持続性選択H1受容体拮抗剤「エバステル®OD錠」新発売