IRニュース

2017年09月27日印刷はこちらから企業

早期退職者募集に関するお知らせ

当社は、2017年9月27日開催の取締役会において、下記のとおり早期退職者の募集を行うことを決議しましたので、お知らせします。

1. 早期退職者募集の理由
当社は、国内での後発品使用促進策による長期収載品売上への影響に加え、戦略品等の売上も期待どおりには拡大しておらず、国内事業の基盤強化が喫緊の課題となっています。一方、北米事業は、非定型抗精神病薬「ラツーダ」が2016年度に12億ドル超の売上を達成しましたが、2019年には独占販売期間満了が待ち受けています。
こうした環境の中、今後の国内事業における高効率な運営体制の構築に向け、収益状況に見合う適正な人員の実現を図る必要があるとの観点から、2016年8月に生産本部を除く国内の従業員を対象に早期退職者の募集を実施しました。今般、茨木工場(大阪府茨木市)の生産機能の鈴鹿工場(三重県鈴鹿市)への統合および愛媛工場(愛媛県新居浜市)の閉鎖に伴う移管作業等の目途が立ったことにより、生産本部に所属する従業員を対象とした早期退職者の募集を行うことを決定しました。

2. 早期退職者募集の内容

(1)対象者:2016年9月1日時点で生産本部に所属し、
2018年3月31日時点で45歳以上かつ勤続5年以上の社員(一部の社員を除く)
(2)募集人員:特に定めない
(3)募集期間:2017年11月15日から12月15日まで
(4)退職日:2018年3月31日
(5)優遇措置:通常の退職金に特別退職金を加算して支給する。さらに、希望者に対しては
再就職支援を行う。

3. 今後の見通し
今回の募集に伴い発生する特別退職金は2018年3月期決算にて特別損失として計上する予定です。なお、この特別損失は、2017年7月28日に公表した2018年3月期通期連結業績予想には一定額の事業構造改善費用を特別損失として織り込んでいますが、現時点では応募者数および特別退職金総額等が未確定であるため、業績見通しへの影響については、後日発表します。

以上