IRニュース

2017年05月18日印刷はこちらから研究開発

米国臨床腫瘍学会(ASCO)2017におけるデータ発表のお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田 正世)は、米国臨床腫瘍学会(ASCO:American Society of Clinical Oncology)の2017年年次総会(開催時期:6月2日~6月6日、開催場所:米国シカゴ)において、開発中の抗がん剤ナパブカシン(一般名、開発コード:BBI608)、amcasertib(一般名、開発コード:BBI503)およびWT2725(開発コード)に関する臨床データなど合計12演題がポスター発表されますので、お知らせします。

【ナパブカシン】 試験結果(7演題)

抄録番号演題発表日時、
場所
試験番号がん種
9052 A phase 1b/2 study of napabucasin with weekly paclitaxel in advanced, previously treated non-squamous non-small cell lung cancer. 2017年6月3日
8:00~11:30、
Hall A
201試験:
NCT01325441
非小細胞肺がん
3529 Phase 1b/II study of cancer stemness inhibitor napabucasin (BBI-608) in combination with FOLFIRI +/- bevacizumab (bev) in metastatic colorectal cancer (mCRC) patients (pts). 2017年6月3日
8:00~11:30、
Hall A
246試験:
NCT02024607
結腸直腸がん
4106 A phase Ib/II study of cancer stemness inhibitor napabucasin (BBI-608) in combination with gemcitabine (gem) and nab-paclitaxel (nabPTX) in metastatic pancreatic adenocarcinoma (mPDAC) patients (pts). 2017年6月3日
8:00~11:30、
Hall A
118試験:
NCT02231723
膵がん
5548 A phase 1b/2 study of napabucasin with weekly paclitaxel in advanced, previously treated platinum resistant ovarian cancer. 2017年6月3日
13:15~16:45、
Hall A
201試験:
NCT01325441
卵巣がん
9553 A phase Ib study of napabucasin plus weekly paclitaxel in patients with advanced melanoma. 2017年6月3日
13:15~16:45、
Hall A
201試験:
NCT01325441
メラノーマ
1084 A phase 2 study of napabucasin with weekly paclitaxel in previously treated metastatic breast cancer. 2017年6月4日
8:00~11:30、
Hall A
201試験:
NCT01325441
乳がん
4077 BBI608-503-103HCC: A phase Ib/II clinical study of napabucasin (BBI608) in combination with sorafenib or amcasertib (BBI503) in combination with sorafenib (Sor) in adult patients with hepatocellular carcinoma (HCC). 2017年6月3日
8:00~11:30、
Hall A
BBI HCC 103
試験:
NCT02279719
肝細胞がん

【ナパブカシン】 試験計画(2演題)

抄録番号演題発表日時、
場所
試験番号がん種
TPS3619 CanStem303C trial: A phase III study of napabucasin (BBI-608) in combination with 5-fluorouracil (5-FU), leucovorin, irinotecan (FOLFIRI) in adult patients with previously treated metastatic colorectal cancer (mCRC). 2017年6月3日
8:00~11:30、
Hall A
CanStem303C
試験:
NCT02753127
結腸直腸がん
TPS4148 CanStem111P trial: A phase III study of napabucasin (BBI-608) plus nab-paclitaxel (nab-PTX) with gemcitabine (gem) in adult patients with metastatic pancreatic adenocarcinoma (mPDAC). 2017年6月3日
8:00~11:30、
Hall A
CanStem111P
試験:
NCT02993731
膵がん

【Amcasertib】 試験結果(2演題)

抄録番号演題発表日時、
場所
試験番号がん種
6032 A phase 1b/2 study of amcasertib, a first-in-class cancer stemness kinase inhibitor in advanced head and neck cancer. 2017年6月5日
13:15~16:45、
Hall A
101試験:
NCT01781455
頭頸部がん
6036 A phase 1b/2 study of amcasertib, a first-in-class cancer stemness kinase inhibitor, in advanced adenoid cystic carcinoma.  2017年6月5日
13:15~16:45、
Hall A
101試験:NCT01781455 腺様嚢胞がん

【WT2725】 試験結果(1演題)

抄録番号演題発表日時、
場所
試験番号がん種
2066 Initial phase 1 study of WT2725 dosing emulsion in patients with advanced malignancies. 2017年6月5日
13:15~16:45、
Hall A
D8350004
試験:
NCT01621542
固形がん、
血液がん

*抄録の内容は、ASCOのウェブサイトに掲載されています。各試験の抄録番号に該当の抄録につながるリンクがあります。(英語のみ)

(ご参考)

【ナパブカシンについて】
ナパブカシンは、当社の子会社であるボストン・バイオメディカル社が創製したファーストインクラスの開発中の抗がん剤です。ナパブカシンは、STAT3をターゲットとし、がん幹細胞性に関わる経路を阻害する新しいメカニズムの低分子経口剤です。

【Amcasertibについて】
Amcasertibは、ボストン・バイオメディカル社が創製した開発中の抗がん剤です。Amcasertibはキナーゼをターゲットとすることで、Nanog等のがん幹細胞性に関わる経路を阻害するよう設計された新しいメカニズムの低分子経口剤です。

【WT2725について】
WT2725は、WT1(Wilms' tumor gene 1)タンパク由来の開発中の治療用がんペプチドワクチンです。本剤の投与により誘導されるWT1 特異的な細胞傷害性T細胞(CTL)が、WT1 タンパクを発現するがん細胞を攻撃することで、種々の血液がんおよび固形がんに対して治療効果を発揮することが期待されています。

以上