IRニュース

2016年11月04日印刷はこちらから研究開発

米国血液学会(ASH)におけるWT1がんペプチドワクチンDSP-7888のデータ発表のお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田 正世)は、米国血液学会(ASH:American Society of Hematology)の2016年年次総会(開催時期:12月3日~12月6日、開催場所:米国サンディエゴ)において、開発中のWT1(Wilms’ tumor gene 1)タンパク由来の治療用がんペプチドワクチンDSP-7888(開発コード)に関する臨床データが発表されますので、お知らせします。

【DSP-7888】(臨床1演題および非臨床1演題)

・抄録番号4335

Session名:
637. Myelodysplastic Syndromes―Clinical Studies: Poster III
演題名:
Preliminary Results from a Phase 1/2 Study of DSP-7888, a Novel WT1 Peptide-Based Vaccine, in Patients with Myelodysplastic Syndrome(MDS)
筆頭発表者名:
S. Miyakoshi(東京都健康長寿医療センター 血液内科)
発表時間:
12月5日(月)18時00分~20時00分(米国太平洋時間)
場所:
Hall GH

抄録の内容は、ASHのウェブサイト(https://ash.confex.com/ash/2016/webprogram/Paper89176.html)に掲載されています。(英語のみ)

(抄録に記載された要旨:参考和訳)

骨髄異形成症候群(MDS)におけるフェーズ1/2試験(DB651027試験:NCT02436252)の予備的結果

内容
  • フェーズ1試験段階では、アザシチジン(既存治療剤)無効例の高リスクMDS患者(7名)および輸血依存性の低リスクMDS患者(5名)の計12名に、DSP-7888が投与されました(3.5または10.5 mg/body)。主要評価項目として、安全性、忍容性が、副次的評価項目として、DTH反応、WT1に対するCTL誘導、末梢血および骨髄中のWT1 mRNA量が評価されました。
安全性
  • 投与された全被験者に注射部位反応が発現したものの、注射部位反応を除き、用量依存的な毒性は認められず、MDS患者に対する忍容性が確認されました。
有効性
  • 評価可能な患者12例において、病勢コントロール率(PR+SD)は66.6%で、副次的評価項目の一つであるCTL誘導は50%で観察されました。

・抄録番号:4715

Session名:
802. Chemical Biology and Experimental Therapeutics:Poster III
演題名:
DSP-7888, a Novel Cocktail Design of WT1 Peptide Vaccine, and Its Combinational
Immunotherapy with Immune Checkpoint-Blocking Antibody Against PD-1
(DSP-7888とPD-1に対する免疫チェックポイント阻害抗体との併用に関する非臨床検討結果)
筆頭発表者名:
M. Goto(大日本住友製薬株式会社)
発表時間:
12月5日(月)18時00分~20時00分(米国太平洋時間)
場所:
Hall GH

抄録の内容は、ASHのウェブサイト(https://ash.confex.com/ash/2016/webprogram/Paper89006.html)に掲載されています。(英語のみ)

以上

(ご参考:DSP-7888について)

DSP-7888は、WT1(Wilms’ tumor gene 1)タンパク由来の治療用がんペプチドワクチンであり、WT1特異的な細胞傷害性T細胞(CTL)を誘導するペプチドおよびヘルパーT細胞を誘導するペプチドを含む新規ペプチドワクチンです。本剤の投与により誘導されるCTLが、WT1タンパクを発現するがん細胞を攻撃することで、種々の血液がんおよび固形がんに対して治療効果を発揮することが期待されます。また、幅広い患者への適応が可能な剤で、かつCTLを誘導するペプチド単独よりも高い有効性が期待されます。
現在、日本では、アザシチジン不応のMDS患者を対象としたフェーズ2試験および小児脳腫瘍患者を対象としたフェーズ2試験を実施中です。米国では、固形がん患者および血液がん患者を対象としてフェーズ1試験を実施中です。

(ご参考:用語解説)

WT1:
Wilms’ tumor gene 1タンパク質。WT1はMDS、白血病などの血液がんや肺がん、乳がんなどの多くの固形がんで高発現していると報告されている。

忍容性:
薬物によって生じたと判断した有害作用(=副作用)が、被験者にとってどれだけ耐え得るかの程度を示したもの。

DTH反応:
Delayed Type Hypersensitivity(遅延型過敏症)反応のこと。体内に抗原に対する免疫反応が成立してい ることを検査する方法の一種。抗原を皮内に摂取し、皮膚の発赤を指標として検査する。

CTL:
Cytotoxic T lymphocyte(細胞傷害性Tリンパ球)の略。HLAに提示された抗原ペプチドに特異的に反応し、抗原を提示する細胞を特異的に傷害する作用を持つリンパ球の一種。

病勢コントロール率:
病状をコントロールできている患者の割合。RECIST評価(腫瘍の縮小を判定する方法:固形がんの場合)におけるCR(complete response:完全奏効)+PR(partial response:部分奏効)+SD(stable disease:安定)の比率となる。

  • 完全奏効(CR) がんの消失が4週間続いた状態
  • 部分奏効(PR) がんの大きさが30%以上縮小し、それが4週間続いた状態
  • 安定(SD) PRとPDの間の状態
  • 進行(PD) がんの大きさが20%以上増加

以上